オリックス 絶対神戸へ帰る 崖っぷちも中嶋監督「全力でやるだけ」

オリックス 絶対神戸へ帰る 崖っぷちも中嶋監督「全力でやるだけ」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/11/25
No image

9回、敗戦が濃厚となり、グラウンドを見つめる中嶋監督(後列右)らオリックスナイン(撮影・西岡正)

「日本シリーズ・第4戦、ヤクルト2-1オリックス」(24日、東京ドーム)

まさかの3連敗で後がなくなった。

オリックス・中嶋監督は「もう、そのまんまじゃないですか。あと1個負けたら終わりなので、全力でやるだけなので」。力強く言い切った。

うつむくことはない。今季、何度も見せてきた選手たちの粘りを信じている。2死から粘り、土壇場でひっくり返す。それが中嶋オリックスだ。

この試合でも石川の前に五回までわずか1安打に抑え込まれた。それでも六回は2死から福田が中前打で出塁すると、宗のフルカウントからの右前打で相手失策の間に一気に同点の本塁を踏んだ。

ただ、勝ちきれないところに問題はある。

「もう少し的を絞っていけたのかな。考えがまとまってないようにも見える。いろいろミーティングしてやっているはずなんですけど、うまくできていないのかな」

ベテランの投球術にはまって自分の打撃をさせてもらえなかった。投手陣も決勝点を奪われた六回、増井は先頭に四球など2四球で苦しくなった。「こういう試合になってくると四球ってすごく気になる。どうしてもそれが大きくなっている」と苦言を呈した。

反省点は次につなげればいい。第5戦の先発は「なんで言わなあかんの?ヤマ!」と予告せず。山崎福とみられるが、他にも山本、山岡、山田といくつもの“山”が先発する可能性を残し、けむに巻いた。

CSファイナルSのヒーローインタビューで指揮官はこう言った。「神戸で決めたい気持ちもあります」。その言葉に大歓声が起こった。ファンも待っている。現役だった25年前、日本一を決めたあの神戸へ帰ろう!奇跡を起こすんだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加