ヤクルト・寺島が先輩の意地! 履正社対決で3学年後輩の阪神・井上を抑える

ヤクルト・寺島が先輩の意地! 履正社対決で3学年後輩の阪神・井上を抑える

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2020/10/18

(セ・リーグ、阪神-ヤクルト、20回戦、18日、甲子園)先輩の意地だ! ヤクルト・寺島成輝投手(22)が六回から4番手で登板。回をまたいで2イニング目となった七回2死一塁から、後輩との対決が待っていた。

代打として打席に立ったのは阪神のD2位・井上。ともに大阪・履正社高出身で、寺島にとっては3学年後輩にあたる。負けられない対決となったが、1ボールからの2球目、138キロのカットボールで左飛に打ち取った。

ともに将来を期待される若手の注目株同士の対戦が、甲子園を盛り上げた。

No image

6回、投球するヤクルト・寺島=甲子園球場(撮影・甘利慈)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加