長嶋一茂、コロナ自粛中の家族仲を激白 外出自粛再開を「妻が1番恐れている」

長嶋一茂、コロナ自粛中の家族仲を激白 外出自粛再開を「妻が1番恐れている」

  • しらべぇ
  • 更新日:2020/08/01
No image

31日放送『ザワつく! 金曜日 ~一茂良純ちさ子の会~』(テレビ朝日系)で、長嶋一茂が自粛中の家族仲について言及。新型コロナウイルス感染者数増加に伴って外出自粛が再開する可能性に触れ、家族の反応を吐露した。

◼やりたくないことは?

「できればやりたくないこと」を議論するなか、一茂は「若いときはやりたくないことをどんどんやったほうがいい。今の子達は合理的すぎる、理不尽なこともたまにはやったほうがいい」と持論を展開した。

そこで進行役のサバンナ・高橋茂雄が「家族に言われて、家庭で嫌々やっていることはありますか?」と一茂に質問。

一茂は「家庭の話題はここではしないって決めている」と口をつぐむが、さらに追求されて「嫌々だけど家庭でやらされていることでしょ…ないです」とうそぶき、スタジオを沈黙させる。

関連記事:離婚危機を嘆く声も… 「コロナ禍で夫婦喧嘩が増えた人」の割合は

◼外出自粛に持論

一茂はここから「多分、家に俺があまりいないほうがイイんじゃないかとは感じる」と新型コロナによる外出自粛期間中の家庭を振り返りながら、感染者の増加に伴って再び外出自粛要請が出るのを「女房は1番恐れている」と明かす。

妻が恐れているのは「自分が外に出られない、じゃなくて、俺が家にいる」点だと一茂は解説。「一茂ステイホーム、俺のロックダウンを1番怖がっている」と語る。

夫が外に出て働いているあいだに、妻は妻達のコミュニティを作ると解説し「ほかのお母さんがたと夫の悪口に花を咲かせる」のが妻達の楽しみだと推測し盛り上がった。しかし、このままでは妻への不満と捉えられそうだと気づいた一茂は「とにかく女房が1番大事」と締めくくった。

◼ネットでも散見

ステイホームによる家族・夫婦仲の変化について、ネットでもさまざまな意見が散見されている。

「不満我慢が降り積もると今後の夫婦仲にも影響はある訳で…」「自粛終わって外に出れるようになったら夫婦仲が悪くなった」「普段は感じなかったストレスもあるから一瞬揉めたけど今がいちばん家族仲が良くて穏やかな日々かも」「コロナ自粛で家族仲が良くなったり悪くなったり、色々ある」とその家庭ごとの悩みが吐露されていた。

◼4割が「配偶者と長時間ツライ」

しらべぇ編集部で全国20〜60代の既婚男女817名に調査したところ、約4割が「配偶者と長時間一緒だとストレスを感じる」と回答している。

No image

一茂の妻だけではなく、仲の良い夫婦・家族であっても長時間一緒に過ごせばストレスを感じるものなのかもしれない。

・合わせて読みたい→長嶋一茂、コンビニスイーツ・ポテチにハマる 自宅待機で「ぶくぶく太ってる」と嘆き

(文/しらべぇ編集部・サバマサシ

【調査概要】方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2019年3月22日~2019年3月27日
対象:全国20代~60代の既婚者男女817名 (有効回答数)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加