陸上女子400mリレーがミラクル“下克上”東京五輪 決勝進出で出場枠

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/05/02

<陸上:世界リレー大会>◇1日◇第1日◇ポーランド・ホジュフ◇女子400メートルリレーなど

12年ロンドン・オリンピック(五輪)以降、五輪と世界選手権の舞台から遠ざかっていた陸上女子400メートルリレーの日本代表がミラクルな“下克上”で東京五輪の出場権を確実にした。

青山華依、児玉芽生、斎藤愛美、鶴田玲美の日本は予選1組で44秒17の2着に入って、決勝進出を決めた。世界リレー大会では上位8カ国・地域に五輪枠が与えられることになっており、その条件を満たした。

青山は「代表権を獲得できた点については、目指していたところなのでうれしい。まだ実感はないが、東京オリンピックがあると信じて頑張りたい」。児玉は「素直にうれしい気持ちもあるし、若いこの4人でやれたことが大きかった」とコメントした。

男子が金メダルを狙えるレベルにある中、女子の強化はなかなか進んでいなかった。もともと世界リレー大会は参加標準記録(43秒90)をクリアしておらず、日本は出場権すら持っていなかった。4月10日の出雲陸上では参加標準記録突破を目指し、特別レースを開催したが、44秒30と届かず。東京五輪の道は絶たれたかに思われたが、コロナ禍によって米国、ジャマイカ、トリニダード・トバゴなど記録のランキングで上位チームが世界リレー大会を辞退した。日本は繰り上がりで、出場24枠の中に入ることができた。その巡ってきたチャンスを見事にものにした。

また男子1600メートルリレー日本代表も五輪出場を確実とした。伊東利来也、佐藤拳太郎、樋口一馬、川端魁人で予選1組を3分3秒31の1着で通過した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加