明日23日(月・祝)の天気 関東など太平洋側は晴天、北海道は冬空に

明日23日(月・祝)の天気 関東など太平洋側は晴天、北海道は冬空に

  • ウェザーニュース
  • 更新日:2020/11/22
No image

2020/11/22 17:47 ウェザーニュース

■ 天気のポイント ■

・北海道は積雪増加に注意

・日本海側は雷雨のおそれ

・太平洋側は青空広がる

No image

予想天気図 23日(月)9時

連休最終日の明日23日(月)は低気圧と前線が本州東の海上に移動。大陸からは高気圧が接近して日本の周辺は西高東低・冬型の気圧配置になります。日本海側では雨や雪が降る一方で、太平洋側では青空が広がる見込みです。

北海道は積雪増加に注意

北海道の上空には強い寒気が流れ込むため、22日(日)今夜から雨が次第に雪に変わり、明日23日(月)の朝までに広範囲で雪が積もる可能性があります。積雪や路面の凍結に注意してください。

道東太平洋側では明日は天気が回復しますが、昼間も時々雪が降る日本海側では積雪のさらなる増加に要注意。冬らしい寒さで防寒も欠かせません。

日本海側は雷雨の恐れ

東北日本海側や北陸、山陰では、時々雨が降って傘の出番がありそうです。一時的にザッと雨が強まり雷雨になるおそれもありますので、外出する場合は傘を忘れずにお出かけください。

北風が吹き付けてヒンヤリとした体感です。

太平洋側は青空広がる

西日本や東日本の太平洋側は、日差しが届いて青空が広がります。

ただし、東北太平洋側や近畿ではニワカ雨に備えて折りたたみ傘があると安心です。

北風が吹くと少しヒンヤリとするので、服装で上手に調節してください。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加