ケンウッドがルームミラー型ドライブレコーダー リアカメラの後方視界を表示

ケンウッドがルームミラー型ドライブレコーダー リアカメラの後方視界を表示

  • OVO
  • 更新日:2021/07/21
No image

JVCケンウッドは、ケンウッドブランドのドライブレコーダー「DRV-EM4700」を、7月下旬に発売する。前後方向の走行映像の同時動画記録に加えて、リアカメラで捉える映像をリアルタイムで映し出すデジタルルームミラー型として機能する。オープン価格で、市場では6万1,000円前後となる予想。

デジタルルームミラーは、広い視野角をもつ12型IPS液晶を採用。カメラの映像が画面いっぱいに映り、通常のルームミラーのようなピラーや車室内の映り込みがないので死角が少なくなり、後方視界がより良好になるとしている。また液晶モニターはタッチパネルになっていて、スライド操作で表示範囲の調整や前方・後方の画面切り替え、画面の明るさを調整することが可能だ。

No image

カメラはフロント、リアともに、高感度、高精細なCMOSセンサーを採用。夜間やトンネル内でも対向車や歩行者の色、形をはっきりと捉えることができる。またフロントカメラは右ハンドル位置にスライドシフトできるので、ドライバーと同じ視点で録画できるようになっている。

前後2カメラともに高精細なフルハイビジョン録画、トンネルの出入り口などの急激な明るさの変化にもしっかりと見える画像を確保する機能、駐車中の衝撃を感知して録画する機能なども装備する。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加