100km/hで頭から突っ込む命知らずなソリ競技「スケルトン」の魅力とは?

100km/hで頭から突っ込む命知らずなソリ競技「スケルトン」の魅力とは?

  • GIGAZINE
  • 更新日:2018/02/13
No image

冬季オリンピックではボブスレーなどソリを利用した滑走競技がダイナミックな疾走で人気を集めます。中でも、顔を前方にしてヒーローが空を飛ぶかのごとく、氷上を爆走する「スケルトン」は、見るものに興奮と恐怖を感じさせ、勇敢なアスリートたちのレースに熱狂させられます。そんな、見ているだけで恐ろしいダウンヒルに魅了された男が、スケルトンの魅力をムービーで紹介しています。

What it Feels Like to Slide Downhill at 90 M.P.H. - YouTube

いよいよレースが始まる直前。

No image

「僕は自分自身に『できないことなんて何もない』と言い聞かせるんだ」

No image

ソリに手をかけて走り出し……

No image

体を投げ出すようにして、レースが始まりました。

No image

リュージュと違って頭を前方に向けて滑走するスケルトン。

No image

見ているだけで恐怖心が芽生えるスケルトンをこよなく愛するのが、スケルトン歴15年のキャリアを持つジョン・デーリー選手。

No image

アメリカ代表として2度のオリンピック出場経験があるトップアスリートです。

No image

コースは約1マイル(約1.6キロメートル)で、時速は60mph(約96km/h)に到達する危険な競技では、多くのアスリートが命を落としてきているとのこと。

No image

もちろんヘルメットが義務づけられています。

No image

ソリをセットするデーリー選手。

No image

薄い鉄製のソリ。頭の位置は路面からわずか1インチ(約2.5センチメートル)になるとのこと。

No image

グリーンライトが点灯するとスタートの合図。

No image

そこからは何も聞こえない世界が広がっていくそうです。

No image

「スレッド(ソリ)とコンタクトすると、この世界が人生そのものだと感じるんだ」

No image

路面スレスレの視線で時速100キロメートル近いスピードが出る異次元の世界。

No image

高速でコーナーを曲がると5Gの力がかかるとのこと。8ポンド(約3.6キログラム)の頭は、18キログラムで押し付けられるというわけです。

No image

「体が硬直し始めたなら、恐怖を感じ始めるだろう。それではうまくいかない。スレッドが暴れ、クラッシュするだろう」

No image

「恐怖を感じるのではなく、スピードに身をゆだねなければいけない」

No image

「レースが終わって、良い走りができたときは、まるで壁をすり抜けられるような気がする」

No image

「みんなが熱狂する。それこそが、スケルトンを愛する理由だよ」

No image

なお、デーリー選手は韓国・平昌で開催されている平昌オリンピックのスケルトンアメリカ代表としてレースに出場します。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
姫路城まで散歩できる距離に、とんでもない名前のラブホがあった
「椅子の高さ」で日本を非難した韓国メディア
実はトラブルと不便と不満だらけだった「平昌五輪の裏の裏側」
TMR西川貴教とお泊まり報道、女子アナの母激怒
摂食障害―フィギュアスケート界が抱える「知られたくない秘密」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加