協議難航も...バレーボール会場の結論先送り

協議難航も...バレーボール会場の結論先送り

  • 日テレNEWS24
  • 更新日:2016/11/30
No image

東京オリンピック・パラリンピックの会場見直し問題で、IOCや東京都など4者によるトップ級協議が行われ、最大の焦点のバレーボール会場については結論が先送りになった。

4者のトップ級協議では、「水泳」は計画通り「アクアティクスセンター」を、コスト削減して新設することが確認された。「ボートとカヌー」は、宮城の「長沼ボート場」の案を断念し、東京の「海の森水上競技場」を整備することで一致したが、常設か仮設かの判断は持ち越された。また、最大の焦点だった「バレーボール」は、「有明アリーナ」案と「横浜アリーナ」への変更案について小池知事が「更なる検証をしたい。クリスマスごろまでに結論を出したい」と述べ、判断が先送りになった。

小池知事「コストの面、全体の動線、観客の動き、そういったことの精査はまだ途中なので、それを完成していき、最後はまさしく総合的に判断しようと思っています」

この背景には「横浜アリーナ」に変更したい小池知事の強い意向があるとみられるが、組織委員会などは「有明アリーナ」の新設を強く求めており、今後の協議は難航しそうだ。

動画の再生はこちら

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
3時間超の謝罪会見で“露呈”したDeNAの「無責任体質」
山中の斜面に一人きり 2歳女児発見時の様子が...
踏切で一時停止した車にトラック運転手が激高、鈍器でドアガラスを殴る動画が拡散中 会社側は非を認めて謝罪
多摩川に18歳少年の全裸遺体 “事件の可能性”
“仮面ライダー”松田悟志、お手柄!妻盗撮男を現行犯逮捕
  • このエントリーをはてなブックマークに追加