北方領土問題の進展は?日ソ共同宣言60年

北方領土問題の進展は?日ソ共同宣言60年

  • 日テレNEWS24
  • 更新日:2016/10/20
No image

日本とソ連が国交を回復した「日ソ共同宣言」の署名から19日で60年。節目となる今年、12月の日露首脳会談に向けて、北方領土問題の進展に期待が高まっている。

日ソ共同宣言は60年前の10月19日、日本とソ連が署名して国交を回復したもので、モスクワでは19日、記念式典が開かれた。

宣言では「平和条約を締結したあと、歯舞群島と色丹島を引き渡す」とされていて、北方領土交渉の出発点となっている。菅官房長官は19日、「我が国としては、4島の帰属を明らかにする中で、平和条約を結ぶのは極めて重要だと思います」と日本側の考えを改めて強調した。

一方、ロシアのプーチン大統領は、これまで「日ソ共同宣言」に基づいた決着を示唆している。ロシア極東での経済協力をてこに、12月に山口で行われる首脳会談での、北方領土問題の進展が期待されている。

動画の再生はこちら

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
日産、容赦なさすぎの「系列」完全解体完遂へ...最大の部品会社切り、IT企業と連携強化
町田市(の一部)、本当に神奈川県になる...ネタでもデマでもなく、本当の話です
メルセデス米国販売1.1%増、SUVが牽引 11月
業種・職種別「平均年収&生涯賃金」ランキング、各1位は?
ブレーキと間違えアクセル踏み込んでも急発進せず 「ペダルの見張り番」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加