最新ランキングをチェックしよう
「音を立てて切れた」はずのサッカーへの思いが蘇ったあの瞬間

「音を立てて切れた」はずのサッカーへの思いが蘇ったあの瞬間

  • 現代ビジネス
  • 更新日:2017/11/14

体はガタガタになっていた
2005年、安永聡太郞は横浜F・マリノスから柏レイソルに移籍した。岡田武史監督の下でJリーグ連覇を成し遂げたクラブの中で居場所を失っていたのだ。

2004年シーズン、入れ替え戦に回り、アビスパ福岡を破ってかろうじて残留した柏ならば出場機会はあるはずだった。

しかし――。

「若いうちに(トレーニング)やんなかったから、俺、1試合90分まともに出ると、次の日、どっかが痛

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加