メルカリ、不正出品抑止のため本人情報登録を初回出品時点で必須に

メルカリ、不正出品抑止のため本人情報登録を初回出品時点で必須に

  • ねとらぼ
  • 更新日:2017/11/14
No image

メルカリが、初回出品時の本人情報登録必須化をはじめとする仕様変更を、12月上旬から行います。

3点の仕様変更が12月上旬から

本人情報登録を初回出品時に早めることで、盗品をはじめとした不正出品を抑止する狙い。警察・捜査機関との連携もより早期から可能になります。なお、登録された本人情報と売上金の銀行口座名義が一致しない場合は、売上金の引き出しが不可能に。過去に出品経験があるユーザーも、未登録の場合は登録が求められることになります。

売上金の取り扱いにも変更が入り、仕様変更適用後の取引では、売上金の振込申請期限が従来の1年間から90日間に。期限までに売上金が利用されなかった場合は、登録された銀行口座へ自動的に振り込まれます。

加えて、売上金を直接使用しての商品購入は不可能に。仕様変更後はいったんポイント(1ポイント=1円)と交換してから購入する仕組みとなります。これら新仕様の適用時期は正式に決定次第、あらためて告知するとのこと。

No image

(沓澤真二)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【GU】メンズパーカーがすごい!!どんなアウターとも相性抜群
【心理テスト】この絵、何に見える? 答えでわかる恋人ができる時期
【衝撃】リモコンにアルカリ電池を入れてはいけない本当の理由をマンガで解説! 愚か者が陥りがちな“乾電池の落とし穴”とは!?
マッチやライターがなくても、屋外で火をおこすことができる意外な6つの道具
1日1回のオーガズムで医者いらず!実は、女性の万能薬
  • このエントリーをはてなブックマークに追加