日産とDeNA、自動運転サービスの名称を「Easy Ride」に決定-一般参加の実証実験も

日産とDeNA、自動運転サービスの名称を「Easy Ride」に決定-一般参加の実証実験も

  • マイナビニュース
  • 更新日:2017/12/05
No image

日産自動車とディー・エヌ・エー(DeNA)は、両社が共同開発している、無人運転車両を活用した交通サービスの名称を「Easy Ride(イージーライド)」と決定し、一般モニターが参加可能な実証実験を開始すると発表した。

「Easy Ride」は「もっと自由な移動を」をコンセプトとした、無人運転車両を用いた交通サービス。両社は2017年1月より自動運転技術を活用した新しい交通サービスの開発を進行しており、同サービスは各地域の既存の交通サービスを補完するような利用形態を想定している。

専用のモバイルアプリで目的地の設定から配車、支払いまでを指定可能とし、地元のスポットや観光ルートなどの行き先を自由に選択できるようなシステムを目指して開発されている。遠隔管制システムにより、無人運転時でも利用できるサービスを目指すとともに、訪日外国人の利用などを想定し、多言語対応も予定している。

両社は、一般モニターが参加するサービスの実証実験を、2018年3月5日から18日までの2週間、神奈川県横浜市のみなとみらい地区周辺にて実施する。一般モニターの募集は同サービスの公式サイトにて受け付ける。応募締め切りは2018年1月15日まで。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
職人技と機械式腕時計の精緻な世界が高い次元で融合したセイコー『プレザージュ 青琺瑯モデル』
セブン、深刻な客数減サイクル突入...ファミマ、経営統合失敗で客数減地獄
なぜ自衛隊は「休むこと」を命令するのか
酒屋配達員が見た! つぶれる飲食店の意外な特徴
あの「リッツ」そっくりの商品が店頭に並び始めたワケ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加