国王死去を悲しむタイ人パイロットが日本で受けた「思いやりの心」

【哀悼の意に感動】 国王死去を悲しむタイ人パイロットが日本で受けた「思いやりの心」

  • CuRAZY
  • 更新日:2016/10/20
No image

今月13日に亡くなったタイのプミポン国王。日本でも大きなニュースとなりましたが、あるタイ人パイロットがFacebookに投稿した内容がタイ国内で感動を呼んでいます。

そのパイロットであるPat Phannachetさんは、日本行きの旅客機に乗っていたため、国王の死を日本で知ったそう。そこで喪章をつけることにしたのですが、日本語が分からない外国人が喪章を探すのは一苦労です。

No image

facebook.com

そんなときに入った手芸店で、心に残る体験をしたんだそう。

日本が私たちと同じように、君主がいる国であるのには、理由があると思います。
私たちパイロットと乗組員は、日本行きの便に乗っていたので国王の訃報を日本で知りました。悲しみはありましたが、正式に発表されるまで一時解散しました。
翌日の朝、会社からクルー宛に喪章をつけるように連絡があったので、私は母に頼まれていた品物と喪章を買うためにショッピングモールへ行ったのです。しかし、喪章を売っているお店はありませんでした。

次に生地を取り扱う手芸店に向かいました。お店には年配の女性従業員が二人いましたが、当然日本語しか話せません。そこで喪章の写真を見せて何とか伝えたのですが、従業員から帰ってきた返事は「ノー」。ここでも売っていなかったのです。

仕方がないので、黒い布を1m買って自分で作ることにしました。

No image

facebook.com

そんな私を見て不思議そうにしている従業員に国王陛下の写真を見せました。すると私の行動に意味が分かったのでしょう、従業員は「申し訳ございません。申し訳ございません。」と何度も頭を下げ、さらには涙まで流して哀悼の意を伝えてきたのです。そして、黒い布から喪章まで作ってくれました。

No image

facebook.com

No image

facebook.com

敬愛する人を亡くす悲しみを共感してくれたのだと思います。

この投稿は現在、タイのメディアにも取り上げられるほどのニュースになっており、Patさんが感銘を受けたというお店はイオンタウン成田富里のパンドラハウスとのこと。

No image

facebook.com

たった二人の従業員が行った対応によってタイ国民の心を動かしたなんて、日本人として誇らしく感じますね。

タイ国王のご冥福をお祈りいたします。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

国外総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
戦艦武蔵、“最期”も大和と似ていた? 「第2主砲塔」火薬庫が爆発...Nスペで明らかに
ニュージーランド首相、「家庭の事情」で辞任へ
誰もいないのにノックの音。中国の宇宙飛行士が宇宙空間での恐怖体験を告白
「人類はかつてないほど危険な時期を迎えている」とホーキング博士が警告
ASKAどころではない! ハマると死ぬ世界の最新最凶ドラッグ5選

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加