山崎武司氏、阪神・ドリスの投球に「内容がよくない」

山崎武司氏、阪神・ドリスの投球に「内容がよくない」

  • ベースボールキング
  • 更新日:2019/08/25
No image

阪神・ドリス(C)Kyodo News

○ ヤクルト 5 - 1 阪神 ●
<20回戦・神宮>

阪神のドリスが、2試合連続失点を喫した。

1点を追う7回から登板すると、一死走者なしから雄平に四球、村上宗隆、中村悠平の連打で満塁としてしまう。奥村展征を打ち取ったが、代打・川端慎吾に2点適時打を浴びた。ドリスは1回を投げて2失点という投球内容だった。

25日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター ヤクルト-阪神戦』で解説を務めた山崎武司氏は、「ドリスも内容がよくないですよね。結局カウントを悪くして、ストライクを入れるのにいっぱいいっぱい。ただ思いっきり投げたいだけのピッチングに見えてしまう。ストライク先行じゃないと、なかなか抑えるのは難しいですよね」と指摘。

また、山崎氏は「球は速いんですけど、球が速いだけではちょっと難しいかなという気がしますね」と現状では勝ちパターンで起用するのが難しいのではないかと話した。

(ニッポン放送ショウアップナイター)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「けっこう恥ずかしい」雄平語録。コロコロ変わる打撃の形は探求心の証
【女子プロ野球】愛知、堀田の完封勝利で2連勝 「1戦1戦目の前の試合を全力で戦います!」
阪神・近本、地元がスポーツ功労者表彰を検討 セ新人最多安打更新受け
阪神近本、地元淡路島「スポーツ親善大使」に検討
ソフトバンク・工藤監督の指示を選手が拒否! 就任から5年、これだけではない“求心力低下”の証拠
  • このエントリーをはてなブックマークに追加