アラゾフ「いつでも来日する」早期防衛戦リクエスト

アラゾフ「いつでも来日する」早期防衛戦リクエスト

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/06/19
No image

圧倒的破壊力で王者となったチンギス・アラゾフ(撮影・吉池彰)

18日、さいたまスーパーアリーナで行われた「K-1 WGP 2017」の、第2代スーパー・ウエルター級王座決定トーナメントで優勝したチンギス・アラゾフ(24=ベラルーシ)が19日、都内で会見し、「呼んでもらえれば、いつでも来日する」と早期の防衛戦をリクエストした。

ジョーダン・ピケオー(26=オランダ)との準決勝で右目を痛め、この日はサングラス姿で現れたアラゾフ。「今回のトーナメントはハイレベルで、強い選手ばかりだった」とする一方、「K-1のチャンピオンベルトを取るのが夢で、それに向けてトレーニングしてきた。だから勝てた」とチームとしての準備の成功を勝因に挙げた。

そして、世界で注目する選手の1人として、K-1同級前王者のマラット・グレゴリアン(26=アルメニア)の名を挙げた。防衛戦を実施せず、王座返上扱いとなったグレゴリアンとの1戦が実現すれば、まさにスーパー・タイトルマッチ。ファンに大きな期待を抱かせた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

格闘技カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
村田vsエンダムの再戦消滅も...WBAの興行権入札指令を本田会長が拒否へ
ミスター・ポーゴさん死去 大仁田と流血デスマッチ
フリーの浜亮太、中之上が大日本に所属に「大日本プロレスを盛り上げていく」
柔道男子代表・井上監督 王子谷のグランプリ大会欠場も前向き
吉田沙保里、男子にだって鬼コーチ 「無理って言った?代表辞める?」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加