米国の“レジェンド”が2度目の現役復帰。本田もプレーするメキシコ1部に参戦

米国の“レジェンド”が2度目の現役復帰。本田もプレーするメキシコ1部に参戦

  • フットボールチャンネル
  • 更新日:2018/01/13
No image

元アメリカ代表のランドン・ドノバン【写真:Getty Images】

元アメリカ代表FWのランドン・ドノバンは現役引退を撤回し、メキシコ1部のレオンでプレーすることになった。クラブから発表が行われている。

ドノバンはアメリカ代表として157試合に出場し、歴代最多の57得点を記録した同国のレジェンド的選手。2014年に一旦現役を引退したあと、2016年9月にMLS(メジャーリーグサッカー)のロサンゼルス・ギャラクシーに復帰して短期間プレーした。

2度目の引退から1年あまりを経て、35歳となったドノバンは再びピッチに立つことになりそうだ。レオンのヘスス・マルティネス会長はメキシコ『FOXデポルテス』に対し、ドノバンとの1年契約を交わしたことを明かした。

ドノバン自身もツイッターで、マルティネス会長に向けて「メキシコに行って、レオンでトロフィーを獲りたい」とメッセージを送信。会長は「ようこそ! 君はすでにレオンの選手だ」と返信している。クラブも公式ツイッターでドノバンの写真を用いた「ようこそ」という画像を投稿して獲得発表を行った。

パチューカのアメリカ代表DFオマール・ゴンサレスもドノバンに歓迎のメッセージを送信し、ドノバンは「ありがとう! 2月24日に会おう」と返信。本田圭佑も所属するパチューカは2月24日に行われるメキシコリーグ後期第9節の試合でレオンとの対戦を予定している。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ロナウジーニョが37歳で現役引退...代理人の兄が発表「これで終わり」
大金を稼いだのに破産...米スポーツ選手の“異常”な金銭感覚
メッシ、“宇宙クラス”の圧巻FKに地元紙脱帽 「成層圏を破壊し、世界を驚嘆させた」
「陸王」モデル“伝説の靴職人” 記者会見で職人魂 箱根往路Vシューズに異議
ネイマール抜きでも、なぜ今季のバルサは強いのか。あの3人が考えた
  • このエントリーをはてなブックマークに追加