パナソニックから次亜塩素酸の力で高い除菌・脱臭効果を発揮する空間除菌脱臭機『ジアイーノ』が登場

パナソニックから次亜塩素酸の力で高い除菌・脱臭効果を発揮する空間除菌脱臭機『ジアイーノ』が登場

  • @DIME
  • 更新日:2017/08/11

パナソニックは独自の生成技術で作る次亜塩素酸の力で高い除菌・脱臭効果を発揮する次亜塩素酸空間除菌脱臭機、『ジアイーノ』2機種を9月15日より発売を開始する。ラインアップは15畳までの(~25m2)の『F-MV3000』、10畳までの(~16m2)の『F-MV1500』。価格はオープン価格。

No image

F-MV3000

同社が2013年に発売した業務用『ジアイーノ』は、介護施設や病院、保育園や幼稚園、ペットショップなど様々な施設で活用されている。

『ジアイーノ』は食塩水(専用の塩タブレットを入れた水道水)を電気分解することで、高い除菌効果を発揮しつつ、安全性にも配慮した濃度で「次亜塩素酸」を生成する。従来は業務用(適用床面積の目安40畳用と24畳用)のみだったが、一般家庭用(適用床面積の目安15畳用と10畳用)として発売される。

No image

ちなみに「次亜塩素酸」とは、プール、ほ乳瓶、水道水の除菌、野菜の洗浄など幅広い分野で活用されている除菌成分。菌やウイルスの細胞表層だけでなく内部まで浸透して、すばやく作用すると言われている。同社によれば約15畳空間で付着菌・付着ウイルスを99%以上抑制するという。

No image

センサー搭載によりニオイなどに応じて自動運転を行なうことも可能だ。

本体サイズは両モデル共通で高さ710×幅398×奥行き240mm、約11.2kg。タンク容量は約2.1L。本体カラーは『F-MV3000』がSZ:ステンレスシルバー、-WZ:ホワイト。『F-MV1500』は-WZ:ホワイト。

関連情報

http://panasonic.jp/ziaino/

文/編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
もはや富裕層の「節税対策」と化したふるさと納税
EVの最大の問題はバッテリーじゃない
絶対王者"マツキヨ"が3位に転落したワケ
ドン・キホーテ、銀行参入「視野には入っている」
自動運転車が事故ったら、誰の責任なのか
  • このエントリーをはてなブックマークに追加