開けたい、閉めたい。猫と飼い主、ブラインドをめぐっての攻防戦。その結末は?

開けたい、閉めたい。猫と飼い主、ブラインドをめぐっての攻防戦。その結末は?

  • カラパイア
  • 更新日:2019/11/18

その猫は外の風景を見たかった。鳥が飛んでたりしてたら楽しいじゃないか。そこで肉球を駆使して自分の目の前にあるブラインドを器用に開けた。

だが飼い主男性はブラインドを閉めておきたかった。猫が開けたブラインドをすぐに閉めた。この攻防戦が続くこと数回。果たしてその結果はどうなったのか?

【他の記事を見る】まったりと窓の外の鳥を鑑賞していた猫たちにまさかのハプニング

Cat Shows Dominance Over Dad

開けたい猫と閉めたい飼い主

アメリカ、カリフォルニア州レディングでの出来事だ。この家に住む猫のキャロットと、飼い主男性のニックさんの間では、たびたびブラインドの開閉をめぐっての小競り合いが勃発しているという。

キャロットはとても器用で賢い猫で、どのブラインドでも自由自在に開けることができる。通常ならば開けさせてあげるのだが、犬がいるときにはそういうわけにはいかない。ニックさんの膝には犬がいる。犬は外に少しでも気配を感じると吠えてしまうのだ。

キャロットが開けたブライドはニックさんによってすぐに閉じられた。「なんてことするにゃ!」キャロットはニックさんをキッとにらみ、気を取り直してブラインドをまた開けた。

No image

どれどれ、鳥はいないかな?キャロットが窓の外を見ていると、またしてもニックさんにブラインドを閉じられてしまった。

No image

だがこれであきらめるキャロットではない。
ひらめいてしまったようだ。

キャロットはブラインドを開けた。今度は2か所だ。

No image

2か所目のブラインドは位置的に遠く、ニックさんはいったん起き上がらなければ届かない。くつろいでいるニックさんにとっては面倒くさい作業だ。

この勝負、今日のところはキャロットの勝ちだな。
猫の賢さはとどまるところを知らないな。

・あわせて読みたい→やらかしキャット。猫のいたずらの犯行現場が集められたインスタグラムのアカウント「キャット・シェイミング」

動画・画像が表示されていないときはこちらから

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

動物カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
翁の能面のような優しい顔...ゴールデンレトリバーの“おじいわん”に反響「老犬の魅力伝えていきたい」
「これから幸せになるんだよ!」ニューヨークの野良猫ビフォーアフター
「私の彼氏は猫です」33歳女性が、男より猫を愛するわけ
大きな犬が少女に希望と愛を与え続ける。グレート・デーンに支えられ歩けるようになった11歳の少女
【振り返れば奴がいた】ふと後ろを向くと、そこには驚きのポーズで日光浴する愛犬の姿が...(゚A゚;)!!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加