桑田佳祐、男性ソロアーティスト史上初の2度目のドーム公演に突入!

桑田佳祐、男性ソロアーティスト史上初の2度目のドーム公演に突入!

  • RBB TODAY
  • 更新日:2017/11/13
No image

(c)岸田哲平

もっと画像を見る
8月にはニューアルバム『がらくた』をリリースした桑田佳祐。10月17日・18日の朱鷺メッセ・新潟コンベンションセンターを皮切りに全国アリーナ&5大ドームツアー『桑田佳祐 LIVE TOUR 2017 「がらくた」』をスタートしているが、先週末(11日・12日)の東京ドーム公演より、男性ソロアーティストとして史上初の2度目の5大ドーム公演に突入した。

桑田の東京でのライブは今年7月に開催された自身初、Billboard Live Tokyo以来のこと。開演の時間を迎え、ステージに桑田が現れ歌い始めると東京ドームに詰めかけた約5万5千人のファンから歓声が起きた。まず、前半ブロックでは、ニューアルバム『がらくた』より、『簪 / かんざし』や『大河の一滴』など立て続けに披露。さらに、NHK連続テレビ小説『ひよっこ』の主題歌として採用された『若い広場』も披露した。また、途中、『恋人も濡れる街角』の一節を、東京ならではの歌詞に変えて披露した場面では、「東京は今 どんどん街が変わる オリンピックが始まるんだなぁ」と哀切を感じさせるフレーズに続けて、「あっという間に変わる街 東京都・・・東京都?・・・京都かいっ!!」とギャグで締めるという一幕も。『悲しい気持ち (JUST A MAN IN LOVE)』では、スクリーンに30年前の写真から今日に至るまでの桑田佳祐の写真が映し出され楽曲に合わせて移り変わっていといった演出もあった。

桑田佳祐ソロ2回目の全国アリーナ&5大ドームツアーとなる今回は、全国10箇所18公演で総動員数40万人を予定している。先週末の2日間で計11万人を動員した東京ドーム公演に続くのは、今週末の名古屋ドームでの2日間。年末に控える横浜アリーナでの年越しライブまで駆け抜ける桑田佳祐には今後も注目だ。

◆ツアースケジュール

10月17日(火)・18日(水)朱鷺メッセ・新潟コンベンションセンター
10月28日(土)・29日(日)広島グリーンアリーナ
11月11日(土)・12日(日)東京ドーム
11月18日(土)・19日(日)ナゴヤドーム
11月25日(土)福岡 ヤフオク!ドーム
11月30日(木)・12月1日(金)宮城セキスイハイムスーパーアリーナ
12月9日(土)・10日(日)アスティとくしま
12月16日(土)・17日(日)京セラドーム大阪
12月23日(土・祝)札幌ドーム
12月30日(土)・31日(日)横浜アリーナ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

音楽カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ユニゾン、1日限定で“fake town baby”MVフル解禁。メンバーが燃え盛る炎の中で演奏
GLAY新作ジャケの後ろ姿は沢村一樹だった「顔が映らない撮影は初めて」
紅白歌合戦「TWICE」選出に疑問の声続出
indigo la End、配信限定シングル『冬夜のマジック』リリース。発売日は川谷絵音の誕生日
近藤晃央×ZIP-FM、1人じゃないこと歌った新曲「相言葉」配信スタート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加