エヌビディア、純利益は55%増...自動運転事業が成長 2017年8-10月期

エヌビディア、純利益は55%増...自動運転事業が成長 2017年8-10月期

  • レスポンス
  • 更新日:2017/11/12
No image

エヌビディアの完全自動運転向け新プラットホーム、「DRIVE PXペガサス」

米国に本拠を置く画像処理用半導体(GPU)メーカー、エヌビディア(NVIDIA)は11月9日、2017年8~10月期の決算を公表した。

同社の発表によると、売上高は26億3600万ドル(約2995億円)。前年同期の20億0400万ドルに対して、32%増と大幅な増収となった。また、純利益は8億3800万ドル(約952億円)。前年同期の5億4200万ドルに対して、55%増と大きく伸びた。

自動車部門では、次世代の自動運転車向けのAI(人工知能)コンピュータ、NVIDIA「DRIVEPX Pegasus」を発表するなど、自動運転関連の事業が成長している。

エヌビディアのジェンスン・フアンCEOは、「四半期業績は素晴らしい内容。世界中の企業がAIの採用を加速している」と述べている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
これは便利!10秒でバイクを格納できるビーズの『俺専用ガレージ』
悪質な神戸製鋼に対して、被害者のJR東海が発した深いメッセージ
なぜ西日本で「おでん」のないセブン-イレブンが増えているのか?
40代で低所得者世帯が増加...可処分所得が60代と同水準に
人事が直面する、改正労働契約法「2018年問題」 雇用環境はこう変わる
  • このエントリーをはてなブックマークに追加