最新ランキングをチェックしよう
チリ産のサケは抗生物質まみれで超耐性菌「スーパーバグ」の温床になる危険性

チリ産のサケは抗生物質まみれで超耐性菌「スーパーバグ」の温床になる危険性

  • GIGAZINE
  • 更新日:2018/01/16

抗生物質に耐性を持つ細菌「スーパーバグ」が猛威を振るえば人類に大きな脅威になることが指摘されています。抗生物質の乱用がスーパーバグを生み出しているといわれる中で、家畜に投与される数倍もの量の抗生物質がチリの養殖サケに投与されており、スーパーバグを生み出す温床になりかねないと指摘されています。
Chile’s salmon farms may use more antibiotics than an

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
日大会見内容に「選手がかわいそう」 前監督らが指示否定
日大アメフト問題で明暗を分けた和田正人と武井壮
【速報】YouTuber松居一代さんが電撃復帰「至急にご報告をしないといけないことが生じました」 コメント欄には歓喜の声
アメフト反則選手の会見で「日大は急落」企業採用者は
【悪質タックル問題】日大アメフト部・内田前監督と井上コーチが緊急会見 / 視聴者からは見苦しいとの声続出
  • このエントリーをはてなブックマークに追加