【京都ラーメンめぐり】赤ちょうちん目印の昭和レトロな中華そば!酒処伏見で呑んだ〆にまったり◎「ラーメン三喜」

【京都ラーメンめぐり】赤ちょうちん目印の昭和レトロな中華そば!酒処伏見で呑んだ〆にまったり◎「ラーメン三喜」

  • Kyotopi [キョウトピ]
  • 更新日:2018/06/14

前々からずっと行きたかったお店。酒処伏見にある、夜しかやってない昭和レトロなラーメン店。赤ちょうちんが目印で渋いオーラ全開。行ってきました。

老夫婦が営む昭和レトロなラーメン店

No image

伏見の酒蔵で呑んだ帰り道。前々から気になっていたラーメン店。
知り合いのラヲタ(ラーメンオタク)さん情報で知ってはいたが、夜しか営業してなくてなかなか来る機会なく。

この日は中書島界隈を歩いていて、赤ちょうちんにつられて〆のラーメンでもと。かつて遊郭のあったエリア。夜はスナックのネオンが昭和レトロな雰囲気をかもすエリアでもあり、ちょっとディープスポット。

No image

店内は見るからに昭和臭する、ちょっと懐かしい雰囲気。カウンター席のみでテレビがあります。

No image

メニュー見ると、ラーメン以外にうどんメニューも。
私の友人がこれ見て「ハイカラうどん」てなんじゃそら?と。関西人なら共通認識だが、ハイカラうどんとは天かすの入ったうどんのこと。まあ、豆知識として。

今回は中華そば600円を注文。

No image

カウンターにはゆで卵ですかね。あと乾きもののナッツ。

No image

黒板にも手書きメニュー。お酒のアテのような。

No image

卓上アメニティもレトロ感。アジシオて、何に使うのか。

No image

ほどなくして中華そば登場。
いわゆる醤油豚骨系の京都ラーメンともちがうような風貌の中華そば。

No image

まずはスープ。
脂感はあんまりなく、わりとさっぱりと食べられます。醤油感のわりとしっかりした味。

No image

麺は細めのうどん店の中華そばにありがちな麺。これも懐かしいほっこりする麺。

No image

チャーシューも対面販売の肉屋で売ってるような、まわりが醤油強めの味の焼き豚。これも懐かしい。

No image

呑んだ後だったからか、スルスル麺を食べてスープをゴクゴクと呑み干し、最後まで美味しいままで完食完汁。

年季の入ったラーメン鉢にはうっすらと「毎度おおきに」の文字。その使い込まれた感がまた渋い。

No image

店名も入っていますが、電話番号も。こんなラーメン鉢初めて見たかも(笑)

No image

カウンターには70オーバーらしきおじさんが。
あとで聞くと、女将さんのご主人だそうです。老夫婦二人、このお店を現役で切り盛りされているそうで。ある意味、こんな昭和レトロなラーメン店も絶滅危惧種というか。

No image

皆でテレビ見ながらまったり世間話。1人でふらっとラーメン食べに入店したんで、帰り道のことを皆心配してくれてました(笑)

なんともゆるい空気が流れる沁みる〆ラーメン、ごちそうさまでした!

ヨ~イヤサ~♪

ラーメン三喜 への口コミ

詳細情報

住所:京都市伏見区西柳町556-1
電話番号:075-623-1993
営業時間:16:30〜23:00
定休日:日・祝日

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

お店カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「点天」のひとくち餃子を出来たてで楽しめる餃子バルがOPEN
出雲の出西窯にベーカリーカフェがオープン!!
ドトールのモーニングってどんなの?「朝カフェ・セット」食べてみた--約400円でドリンクとフードが楽しめる!
パンケーキは"ふわとろ"な時代!東京都内の人気店8選
味も見た目も大満足のフルーツさんぽへ
オズモール(spn.ozmall.co.jp)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加