動きやすいのにダサくない、旅のテッパンコーデ3選。荷物も減らしちゃう♪

動きやすいのにダサくない、旅のテッパンコーデ3選。荷物も減らしちゃう♪

  • 女子SPA!
  • 更新日:2019/04/26

こんにちは! ファッションスタイリスト&ライターの角侑子(すみゆうこ)です。早いものでG.Wはもう目前! 旅行のご予定がある方、もう準備は済まされましたか?

No image

いざ準備万端!と思っても現地に行くアレが足りない、コレが足りないと、何かとトラブルを抱えてしまいますよね。とくにファッションにおいては持ってきたのに結局着ることのなかった必要のない服や、逆に持って来れば良かったと後悔する服もあります。

そんな旅先のお洋服トラブルを防ぐために今回は、旅の行き先別ファッションコーディネイトのポイントを解説いたします。

◆リゾート地への旅行なら、普段は着られないデザインを!

非日常を味わえる旅といえば、リゾート地。いつもなら恥ずかしがってしまう華やかな色合いやデザインのワンピースだって難なく着こなせてしまいますよね。マストで持って行きたいのは、旅をより楽しくさせてくれるような明るいマキシワンピース。

インナーに水着を着て行けば、アウター代わりにもなるし、アクセや靴を履き替えればロマンチックなディナータイムにも活躍できる両用使いできるロングのスリットワンピースがオススメアイテムです。

No image

加えてプラスアルファで持ち合わせておきたいのが、薄手アウター。春夏仕様のカーディガンもしくは大きめのストールは必ず持参しておきましょう。

リゾート地は目的地によって天候が変わりやすい場所もあります。常夏、常春だからと油断してアウターを持っていかずに行ったらものすごく寒かった…! という失敗を防ぐためにも小さく折りたためる薄手の羽織ものとストールは必ず入れておくと良いでしょう。

◆観光スポット巡り、「動きやすさ」だけ重視するのはもったいない!

リゾートとは反対に、街中の観光スポットや世界遺産めぐりなど歩いて回ることをメインとした旅にするならば、必然的に「動きやすいファッション」は最重要項目でしょう。しかし、ここで忘れてはならないのは、動きやすいを重視しすぎてちょいダサなコーデになってしまわないことです。

私もよくやってしまいがちですが、動きやすいワイドパンツにパーカー、斜めがけのバッグに帽子といった、いかにも旅行者という着こなしはちょっとテンションが上がりませんよね。

No image

重視したいのは動きやすいけれど、オシャレなコーディネイト。丈感のバランスや色使い、お洋服の素材といったアイテムに工夫を凝らして。

例えば、モノトーンのスニーカーギンガムチェックのセットアップワンピースを組み合わせるなど。柄にポイント効かせたコーディネイトを組んでみるのはいかがでしょう。もしくは服装はシンプルにしつつも、ヘアアレンジやメイク、ピアスにこだわりを入れてみるのも良いですね。旅ならではのオシャレポイントもぜひ外さないで。

◆グルメをメインにするなら2パターンの着こなしができるアイテムを

韓国のグルメツアーや、国内の地産地消を楽しむ旅など、旅行の目的が現地の「食」ならば、安心してたくさん食べても平気な服装で臨みたいところ! なので基本はパンツではなくウエストに締め付けのないスカートもしくはワンピースが望ましいですよね。

No image

ただ1点、注意したいのがウエストに締め付けがなくてもジャージーワンピースはモノによってポッコリお腹が浮き出てしまうのでボディラインがちゃんとカバーできるアイテムを選んでくださいね。お腹まわりを目立たせないよう、Iラインワンピースにロングカーディガンを上から羽織るという着こなしはオススメです。

また、食べ歩きなどのカジュアルなシーンなら服装もそこまで気遣いは要りませんが、ちょっとしたディナーレストランや現地の有名店にも足を運びたいという場合は、それなりのオシャレ着も忘れずに。

2パターンのお洋服を用意するのが荷物になって面倒という場合は、光沢が美しいシルクレーヨンのブラックワンピースを取り入れてみてはいかがでしょうか。小洒落たディナーにも、カジュアルな食べ歩きにも活用できる両用使いのワンピースを見つけましょう。

◆目的に合わせたファッションで旅行を楽しむ

旅行と一言にいっても、その旅の行き先や目的は多岐に渡りますよね。当然ですが、ファッションもそれに合わせて見合うアイテムを1~2着用意する必要があります。

No image

写真はイメージです

心配性の方はつい「もしかしたら必要になるかも!」と思って、着る予定も使うシーンも見えないお洋服を入れてしまうことがありますが、ここは潔く持っていかないと決めましょう。なんでも持っていけばOK! では、楽しめる旅もちょっとしたストレスがかかることになるので、必要な服を必要なだけ持って行くということをぜひ心がけてみてくださいね。

みなさんの旅が素敵なものとなりますように!

<文&イラスト/角 侑子>

【角 侑子】

(すみゆうこ)ファッションライター・スタイリスト。スタイリストアシスタントを経て2012年に独立。過去のオシャレ失敗経験を活かし、日常で使える、ちょっとタメになる情報を配信中。インスタグラムは@sumi.1105

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

ファッションカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
着るだけでおしゃれな「着映えワンピース」♡大人のカラー別コーデ集
短足さん、大尻さんでもスキニーパンツは履ける。美脚見せのウラ技3つ
地味見えしない!流行のベージュをおしゃれに着こなす正解コーデとは?
モノトーンだから見栄えする!インテリアとしてもおしゃれなトートバッグ♪
HusHusHがスタイリスト福田麻琴とのコラボ商品を発売!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加