ミートボール専門店 World Meatball Classic でランチ(新宿)

ミートボール専門店 World Meatball Classic でランチ(新宿)

  • るるぶ.com
  • 更新日:2017/08/10
No image

2017年に誕生したワールド・ミートボール・クラシックは、ユニークなミートボール専門店。女性シェフがミートボールを世界各国料理に仕立てて楽しませてくれる。メニューの中にはルパン3世の『カリオストロの城』に登場する、ルパンと次元が奪い合いながら食べたミートボールパスタも!

WMC=ワールド・ミートボール・クラシック

No image

新宿一丁目を歩いているときに偶然、舗道に出ているのをみつけた「World Meatball Classic」の黒板。WMCといえば、北村薫や宮内悠介らを輩出したワセダミステリクラブ(初代顧問・江戸川乱歩)…という連想をする人はたぶん超少数派ですね。ワールド・ベースボール・クラシックの洒落のような店名に惹かれてランチタイム終了3分前の店内をのぞきこみ、快く迎え入れていただいた。

No image

キッチンカウンターを通って店奥のテーブル席へ。細長い空間はインダストリアルデザインを取り入れて、センスよくざっくりまとめられている。BGMが海外ラジオなのもお店の空気感にふさわしい。

日替わりランチ各1000円

ランチは日替わりで3種類、いずれもサラダ・ドリンク付きで1000円、大盛り無料。この日のランチメニューには「ルパンのミートボールパスタ」と題したトマトソースとミートボールのパスタも並んでいたけれど、ジブリ飯の人気は高いらしくソールドアウト。中国料理の油面筋塞肉をイメージしたという「チャイニーズ・ミートボール」を注文してみた。

No image

青梗菜に巻かれて登場したのは大ぶりのミートボール2個と煮玉子。ナイフを入れると、揚げ麩に包まれた中に豚ひき肉、シイタケ、キクラゲなどがぎっしり。八角がふわりと香る甘辛い醤油ダレが、タイ米のごはんにもよく合う。ランチボックスとしてテイクアウトも可能。

No image

グランドメニューには、ミートボールが国民のソウルフード(?)になっているスウェーデン流のミートボールや、チョリソーをミートボールにアレンジしたサルサとトルティーヤのセットなどと並んで、看板メニューの「WMC」がある。こちらは牛肉100%の大きなミートボールに特製ミートソースを添えて、熱々のスキレットで供される。

世界各国の瓶ビールやワインも揃っており、次回は夕方の早い時間にミステリ小説と瓶ビールで、ミートボール・タイムを過ごしたいと思ったのだった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

お店カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
曜日限定の出合い!人気上昇中“ヤドカリカレー”って?
ワンコインとは思えないほどのサービス&こだわりの一杯!「ラーメン木曜日」
クチコミ90点以上!新鮮舟盛りが味わえるコスパ最強宿3選【西日本】
清水五条の「Tearoomナガサワ」で穏やかに1人喫茶時間
【衝撃】『孤独のグルメ』に出てきた食堂のチャーシューメンが意味わからんくらいウマい! 東京・大久保「伊勢屋食堂」

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加