「シン・ゴジラ」高視聴率15・2%!地上波初放送で大反響

「シン・ゴジラ」高視聴率15・2%!地上波初放送で大反響

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/11/13

昨年の大ヒット映画「シン・ゴジラ」が12日午後9時からテレビ朝日で地上波初放送され、平均視聴率は15・2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが13日、分かった。放送開始直後に「Yahoo!リアルタイム検索 話題のキーワード」で1位になるなど高い注目を集めた。

No image

16年7月、映画「シン・ゴジラ」初日舞台あいさつに登場した(左から)高良健吾、石原さとみ、長谷川博己、竹野内豊、樋口真嗣監督

今年3月4日にフジテレビで地上波初放送されたアニメ映画「アナと雪の女王」の19・7%には届かなかったものの、15%を上回る高視聴率。裏番組のTBS日曜劇場「陸王」(日曜後9・00)の14・5%、日本テレビ「行列のできる法律相談所」(日曜後9・00)の11・3%を上回った。

昨年7月に公開され、興行収入82・5億円で同年の実写邦画ランキング1位に輝いた作品。東宝が12年ぶりに製作したシリーズ29作目で、人気アニメ「エヴァンゲリオン」シリーズで知られる庵野秀明氏(57)が脚本、編集、総監督を務めた。東京湾、鎌倉、川崎市街などに出没したゴジラと日本国との戦いを描いた。

第40回日本アカデミー賞では最優秀作品賞や監督賞など最多の7部門で最優秀賞を受賞し、毎日映画コンクールやブルーリボン賞など数々の映画賞を総なめにした。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
紗倉まな原作、AV女優として生きることを選んだ19歳描く「最低。」マンガ版
「サイモン&タダタカシ」小田学がTwitterドラマを監督、てんちむや八木将康出演
『めまい』女優とも交際!伝説のエンターテイナーの素顔に迫ったドキュメンタリー
ゴジラ造形の第一人者・酒井ゆうじ氏にアニメ映画「GODZILLA 怪獣惑星」のゴジラについてインタビュー
誰も知らない、全く新しい「サザエさん」爆誕
  • このエントリーをはてなブックマークに追加