「大相撲を10倍楽しむ豆知識」昇進基準から金銭事情まで

「大相撲を10倍楽しむ豆知識」昇進基準から金銭事情まで

  • 日刊大衆
  • 更新日:2017/11/12
No image

「大相撲を10倍楽しむ豆知識」昇進基準から金銭事情まで

知っているようで知らない番付の序列や昇進基準から豪快すぎる力士の日常まで。初心者も上級者も必読だ!

【関連】安室奈美恵「3年後に復活」の青写真

■白鵬と稀勢の里の回復具合が問題

大相撲九州場所(福岡国際センター)が11月12日、いよいよ初日を迎える。「連続優勝を目指す横綱・日馬富士(33=伊勢ケ濱部屋)からは目が離せないな。問題は、白鵬(32=宮城きせ野部屋)と稀勢の里(31=田子ノ浦部屋)のケガがどこまで回復しているか。両横綱の成績いかんでは、またぞろ、“戦国場所”になるかもしれないね」(スポーツ紙相撲担当記者)

●横綱大関が関脇以下に食われれば混戦に

どうやら、相撲人気に沸いた2017年を締めくくるにふさわしい熱戦が期待できそうだ。『スポーツ報知大相撲ジャーナル』編集長の長山聡氏が、こう続ける。「新入幕から3場所連続2ケタ勝利で小結に上がった阿武咲(21=阿武松部屋)や関脇の御嶽海(24=出羽海部屋)、前頭筆頭の貴景勝(21=貴乃花部屋)。このあたりが横綱大関を食って殊勲の星を挙げるようだと混戦になるでしょうね。そうなれば、平幕力士にも十分、優勝のチャンスがでてきます。前頭11枚目の朝乃山(23=高砂部屋)が、抜群の体格を生かして前半勝ち進めば、面白い存在になると思いますよ」

このほか、昭和以降、最年長での再入幕を果たした安美錦(39=伊勢ケ濱部屋)や「最年長での大関昇進を狙う」と公言する関脇・嘉風(35=尾車部屋)のベテランコンビにも注目したい。

■九州場所にちなんだご当地ネタ豆知識

九州場所の注目力士をまとめると、ざっとこんな感じだが、以下、大相撲を10倍楽しむための基礎知識や豆知識を紹介しよう。今場所は、九州で昭和32年に初めて本場所が開催されてから、60周年を迎える記念場所。まずは、その九州場所にちなんだご当地ネタから。

●幻の魚「アラ」は人気のバロメーター

地元・福岡出身の元力士で、日本相撲協会の公認漫画家・琴剣氏によると、「九州場所といえば、アラのちゃんこ。玄界灘で獲れるクエをアラと呼ぶんです。11月が旬で身が引き締まって、とにかくうまい。ただ、アラは幻の魚で、滅多に獲れない。天然物は1匹20~30万円で、相撲部屋の後援会の方は“毎年11月になったら、うちが買うから”と予約して手に入れます。だから、すべての部屋がありつけるわけではありません。部屋のちゃんこ場の前に、差し入れされたアラ入りの発泡スチロールの箱が置いてあると、“ここは人気のある部屋だな”と分かります。アラは人気のバロメーターなんです」

●福岡といえば「お酒」も…

ついで、福岡といえば、「♪酒は飲め~飲め~」(黒田節)というお国柄。「1991年には、対戦する力士が土俵に上がった際、酔っ払った客が土俵に闖入するというハプニングが起きたことがあるんです。控えの位置にいた旭道山(元小結)が機転を利かし、すかさず土俵に上がって酔っ払いに差し手を入れ、抱きかかえるように見事に寄り切って、事なきを得ましたけどね(笑)」(前出の長山氏)

●「力水」は九州産

ところで、勝った力士が自分の次に土俵へ上がった力士へ、柄杓ですくって差し出す清めの水を「力水」というが、実はこれ、九州産なのだという。両国国技館で流れる『どすこいFM』のキャスターで、『「大相撲」知ったら面白すぎる70の話』の著者でもある下角陽子氏が、そのわけをこう話す。「本場所で使われる力水は、福岡県にある米菓製造会社『もち吉』のもの。餅やあられの製造に使用していた福智山山系の地下水を商品化したもので、1991年から、相撲好きな社長さんが無償提供しているんです。九州場所では、『力水』のペットボトルが来場者に振る舞われます」

●九州場所では座布団が乱れ飛ばない!?

また、九州場所では座布団が乱れ飛ぶことがない。「座布団同士をマジックテープのようなものでつなぎ合わせ、飛ばないようにしています。お客さんにとって座布団投げは醍醐味ですが、後で座布団を回収するのは大変なんです。そもそも、土俵の上には神様がいますから、相撲協会としても、やめてほしいという思いがあります」(前出の琴剣氏)

63連勝中の白鵬が連勝記録を当時、平幕だった稀勢の里に止められたのは10年の九州場所だったが、その際、ファンが座布団投げの代わりにしたのが“万歳”だったという。

■風呂場やクーラーの仰天秘話

こうした地方ならではの特徴も楽しみの1つだが、“土俵の外で一番荒れる”といわれるのが名古屋場所だ。「国技館などでは東西の支度部屋ごとに風呂場があるんですが、名古屋場所では対戦した力士同士、1つしかない風呂場で鉢合わせしてしまうこともしばしば。勝負のあとで皆、殺気立っていますからね。06年、千代大海(元大関)に敗れた露鵬(元小結)が土俵上でにらみ合った後、完全にキレ、怒りにまかせて、千代大海が入っている風呂場のガラスを叩き割った事件は有名です」(長山氏)

前出の下角氏も、風呂場について、こんな秘話を明かしてくれた。「取組後に力士がお風呂に入るのは、汗や砂を洗い流すため。でも、横綱・日馬富士関や大砂嵐関(十両)は、ゆっくりお湯に浸かるタイプみたい。ただ、お風呂の役割って、それだけじゃないんです。悔しい負け方をした力士が、その悔しさを置いて来る場所でもあります。臥牙丸関(十両)が悔しさのあまり、母国のグルジア語でずっと、わめいていた話を聞いたことがありますし、現役時代の元小結・垣添関は悔しさのあまり、風呂に入らず、砂まみれのまま帰ったなんて話もあります」

仰天秘話はまだある。「国技館で仕事をしていると、驚くことが多々ありますが、その1つがクーラーの温度。体の大きな親方やお相撲さんは暑さが苦手なので、18度に設定されることも多く、真夏でもGジャンのような厚手の上着が必需品です」(前同)

■幕内力士にとって1本6万2000円の懸賞金は魅力的

ところで、力士なら誰もが上位の番付を狙うのは、番付によって待遇がまるで違うため(文末の表参照)。特に幕内力士にとって、1本6万2000円(土俵上では3万円が渡される)の懸賞金は魅力的だ。「横綱、大関クラスでなくても、人気力士になると、たくさんの懸賞金がかけられます。高見盛(元小結)の現役時代もそうでした。対戦相手の力士は“高見盛戦は燃える”といって、闘志を剥き出しにしていましたね」(前同)

■勝ち星にこだわり、ゲンを担ぐ力士たち

こうして勝ち星にこだわる力士が、ゲンを担ぐのも当然のこと。「高見盛関は、勝ったら同じレストランに通うので、連勝が続くと、毎日が焼肉になったりしたそうです。また、場所入りする道順でゲンを担ぐ力士もいます。負け続けたため、毎日ルートを変えていたら、国技館へ行く道がなくなってしまったとか(笑)」(前同)

ほかには、“勝ったら頭を洗わない”というゲン担ぎを実行していた力士が、7連勝したあたりから、「頭に何かが湧いてくる感じで、つらい」と漏らしていたという話も……。

●エビスビールは恵比須さんで縁起がいい

琴剣氏が続ける。「ある力士の付き人で、鼻の横に大きなホクロがある人がいたんですが、彼は場所が始まると、必ずそこにバンドエイドを貼るんです。なぜかというと、ほくろが黒星を連想させるから。とにかく、力士は“黒”を嫌います。場所中にマジックでサインするのを嫌がったり、中身が黒いからとアンパンを食べなかったり。ビールでも、キリンビールは好みません。キリンって四本足でしょう。土俵に手足をつくことを連想させちゃうからですよ。アサヒビールは太陽のマークだし、サッポロビールは白星。エビスビールは恵比須さん(七福神)で縁起がいい。だから、粋な後援会の方は、キリンは差し入れしません。でも、キリンが一番うまいんですけどね(笑)」

■力士の“夜の生活”…屋台のラーメン替え玉20杯も!

続いて、力士の“夜の生活”を覗いてみよう。「かつて、中洲では“雪駄の音がしたら冬が来る”と言われました。力士が屋台のラーメンを替え玉10杯、20杯食べたりしてね。最近は出歩く力士も減りましたが、それでも地方場所では、前のほうの席に、親方や関取衆と懇意にしている“ママさん”たちが座っています」(前同)

ちなみに、角界ならではの夜の隠語もあるという。「“丸い土俵で負けて、四角い土俵で勝つ”と粋な表現を聞いたことがあります。美女との一戦は、“金星、首投げ”と言ったりしますよ」(下角氏)

●一晩の飲み代がマンション1戸分の金額に!

さらに下角氏は、こんな豪快エピソードも明かす。「タニマチに連れられ、ある横綱を含めた数人で飲みに行ったときのことだそうです。皆で高級なブランデーを次から次へと飲み干したら、一晩の飲み代が、マンション1戸を買える額にのぼったという話です」 さすが、横綱!

■怪力自慢の弱点は“髪の毛”!?

「武蔵川親方(元横綱・武蔵丸)が現役の頃、テレビ番組で、立ち合いの際にぶつかる力を計測したら、2トン以上だったそう。また、引退直後の武蔵丸関が西武鉄道の電車を押したら動くのかという企画では、本人もさすがに無理だと思っていたところ、車体に頭をつけて思いっきり押したら、ナント、電車が動き出したというんです」(前同)

だが、そんな力士にも弱点はある。それが髪の毛だ。「力士は、現役中はずっと髪に鬢付け油がついた状態で過ごしています。床山さんが櫛を通すたびに引っ張るわけで、抜け毛も多くなってしまいます」(同)

抜け毛どころか、激しい取組が続く力士たちには、「かましハゲ」という悩みがあるという。「頭からぶちかますタイプの力士は、相手にぶつかったときの衝撃で生え際の毛根がつぶれて、生えなくなってしまうんです」(同)

また、頭髪をつかめば、禁じ手で反則負けとなるが、「うっかり髷に指が入ると皆、慌てて抜こうとしますが、1回入るとなかなか抜けないんだそうです」(同)

さすがは伝統の大相撲、こぼれ話は尽きない。これを肴に、九州場所を大いに楽しもう!

No image

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

大相撲カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
逸ノ城、三役復帰の思い=大相撲九州場所
白鵬 ファンに謝罪“抗議行動”に至った理由も明かす
ビートたけしが目撃した相撲部屋の実状を激白 「大鵬も半端じゃないと言ってた」
やくみつる氏、物言い白鵬を断罪「出場停止ですよ」
横綱・日馬富士の暴行問題が「派閥争い」に進展! モンゴル力士“一斉廃業”の可能性も!?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加