ドライバー不足対策...ダブル連結トラックの実証実験、新東名で 11月より

ドライバー不足対策…ダブル連結トラックの実証実験、新東名で 11月より

  • レスポンス
  • 更新日:2016/10/19
No image

国土交通省中部地方整備局は10月19日、1台で大型トラック2台分の輸送が可能な「ダブル連結トラック」の実験参加者の公募を開始した。

今回の実験は、深刻なドライバー不足対策として、トラック輸送の省人化を促進し、生産性向上を図ることが目的。ダブル連結トラックの実験を、今年11月より新東名を中心とするフィールドで実施し、将来の自動運転・隊列走行も見据えつつ、省人化の効果、安全性等を検証した上で、2018年度以降の本格導入を目指す。

なお国交省では、これに伴い、特車許可基準の車両長を現行の21mから最大で25mへの緩和も検討する。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
観光客、呼んだはいいが“無責任”エジプト
日産が専用のサスペンションやコンピュータを搭載した『NOTE e-POWER NISMO』を発売
トヨタ「ルーミー・タンク」1カ月で3万5000台受注
冬のボーナス、国家公務員に支給 平均約70万円
借金10兆円超え、孫正義とみずほ銀行の「見果てぬ夢」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加