出た~宇良バウアー 豊響の猛攻しのぎお見事逆転4連勝

出た~宇良バウアー 豊響の猛攻しのぎお見事逆転4連勝

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/01/12
No image

豊響の猛攻をしのぎ4連勝を決めた宇良

「大相撲初場所・4日目」(11日、両国国技館)

奇手「居反(ぞ)り」を武器にする十両の宇良が豊響を渡し込みで破り、初日から4連勝で単独トップに立った。代名詞のアクロバット相撲で観客の度肝を抜いた。

立ち合い懐に潜れず相手の圧力に後退し、俵に足がかかった。ここから驚異的な下半身の粘りを発揮。まずは強烈な突きを、えび反りの“宇良バウアー”でこらえ切った。

今度は腹へトドメの突きが入ったが、しゃがみ込んで土俵を割らない。その体勢からかえる跳びのようにピョンと跳ねて逆襲。最後は右手で相手の足を取りながら押し切った。

「残れて良かった。土俵を割るまでは…。まあ、予想した動きとは異なった形になったけど、あきらめずに最後まで相撲が取れたので良かった」と冷静に振り返った。

故障する左手首にはまだサポーターが巻かれる中、4日連続で幕内経験者相手に勝利。「序盤も序盤なので何もない」と淡々とした口ぶりながら、3月の春場所、新入幕で大阪凱旋が十分視界に入ってきた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

大相撲カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
稀勢の里大忙し、部屋祝賀会出席は3分ほど 万感スピーチ「僕なんかを...」
八角理事長「こういうこともある」稀勢Vは運も味方
稀勢の里、横綱昇進容認の声も 審判部は安定感評価
稀勢の里、優勝の日に漏らした弟弟子への感謝 「高安のおかげだよ」
稀勢の里が悲願の初優勝!「無冠の帝王」をついに返上
  • このエントリーをはてなブックマークに追加