瀬古リーダー、川内優輝のボストンVに喜び爆発「東京五輪はガンガンいける」

瀬古リーダー、川内優輝のボストンVに喜び爆発「東京五輪はガンガンいける」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2018/04/17
No image

ボストン・マラソンの男子で初優勝し、笑顔でトロフィーを持つ川内優輝=16日、米ボストン(ロイター=共同)

「陸上・ボストンマラソン」(16日、マサチューセッツ州)

“最強市民ランナー”川内優輝(31)=埼玉県庁=が、2時間15分58秒で初出場初優勝した。日本人としては日本陸連の瀬古利彦マラソン強化戦略プロジェクトリーダーが1987年大会を制して以来、31年ぶりの優勝。瀬古リーダーは陸連を通じてコメントを出し「設楽君が日本記録を破り、川内君が31年ぶりにボストンマラソンで優勝をしてくれた。過去のマラソンを洗い流してくれたから、これからは新しい時代。これで東京オリンピックはがんがんいける。今年はもう一段階上に行ける年だ」と喜びを爆発させた。

世界最古の大会を制した川内に「まさか勝つとは思わなかったので本当に驚いた。ワールドマラソンメジャーズで勝つことは本当にすごいことだ」と同リーダー。「ボストンマラソンは世界の一流選手ばかりが出場する伝統ある大会で、私が出ていたときより強い選手がたくさん出ている」と勝利の価値にも言及した。

すでに国際大会の日本代表から撤退している川内だが、20年東京五輪のマラソン代表選考会「グランドチャンピオンシップ(GC)」の出場権は得ている。メジャーリーグが中止になるほどの寒波に冷たい雨という最悪のコンディションで行われたレースだっただけに、同リーダーは「今回は寒く風が強くても粘りの走りが発揮できたレース。東京オリンピックは気温が高く今回とは真逆の天候が予想される。悪天候の中でこれだけ頑張れるのはいい見本ができた」とし、「川内君の粘りを他の選手も見習ってもらいたい」とハッパをかけた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
大谷翔平に“雑なアドバイス”、谷亮子の無責任発言に批判噴出
アヴィーチー、逝去。享年28歳
関ジャニ∞丸山隆平、渋谷すばる脱退会見でなぜメガネ?その理由にファン感涙
元祖セレブタレント・マリエ 驚きの私生活に有吉「上島竜兵と一緒」
勸玄くん、市川海老蔵と初お練り!「歌舞伎の道に進みたいと思います」

ランキング総合

最近人気のあったニュース

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加