新型肺炎、中国の公衆衛生レベルの低さが流行助長...不動産バブル崩壊と金融危機が現実味

新型肺炎、中国の公衆衛生レベルの低さが流行助長...不動産バブル崩壊と金融危機が現実味

  • Business Journal
  • 更新日:2020/02/14

新型ウイルス肺炎が世界に拡大 武漢市の施設を病院に改造(写真:新華社/アフロ)
 中国では、新型コロナウイルスの感染者数の増加ペースが弱まったものの、いまだ未曾有の厳戒態勢が続いている。中国政府は、1月23日から武漢市を含む湖北省(人口約6000万人)を完全閉鎖し、住民に無期限の自宅待機を義務づけたが、その後、武漢市からの人の移動で発症者が出始めている約80の大都市と2つの省にも同様の封鎖措置を断

外部サイトで読む

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加