堂安律、18年オランダリーグ最多得点を記録 開幕戦チーム第一号で昨季から好調維持

堂安律、18年オランダリーグ最多得点を記録 開幕戦チーム第一号で昨季から好調維持

  • Football ZONE web
  • 更新日:2018/08/13
No image

2018年リーグ戦7得点目を決めたフローニンゲンMF堂安【写真:Getty Images】

フローニンゲン、開幕戦1-5と惨敗も堂安がゴール 18年リーグ7ゴール目で単独トップ

オランダ1部フローニンゲンのMF堂安律が12日に行なわれたリーグ開幕節のフィテッセ戦に先発出場し、前半38分に今季チーム第一号となるゴールを決めた。昨季も含めて2018年のリーグ戦7得点目となり、現時点で同リーグ最多記録となった。

フローニンゲンは前半22分に失点してリードを許すが、迎えた同38分だった。オランダ人FWトム・ファン・ヴェールトが右サイドからクロスを上げると、走り込んだ堂安がマーカーと競り合いながらニアサイドで合わせ、ゴールネットを揺らした。

チームは1-5と惨敗を喫したが、今季初ゴールでチームにとっても2018-19シーズンのチーム第一号となった。昨季から好調を維持する堂安。2018年はこれでリーグ戦7得点。データ会社「オプタ」によれば、同リーグ内単独トップの数字となった。

加入1年目の昨季に29試合で9得点を決めて一気にブレークを遂げた堂安。今年6月に20歳となったレフティーは、今季もフローニンヘンの攻撃陣を牽引していきそうだ。

(Football ZONE web編集部)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

Jリーグカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
J1出場機会を求めた久保建英の横浜F・マリノス電撃移籍は正解なのか?
五輪まで2年!ひと足早く競技体験「面白かった」
久保建英が電撃移籍 横浜と極秘交渉 出場機会求め
元セレソンのロベルト・カルロス氏がFリーグに参戦! 期間限定で現役復帰!
ブラジル元代表ロベルト・カルロスがFリーグ参戦
  • このエントリーをはてなブックマークに追加