【U-20日本代表】メキシコ攻略の鍵はイタリアが決めた先制点がモデルケースに

【U-20日本代表】メキシコ攻略の鍵はイタリアが決めた先制点がモデルケースに

  • サッカーダイジェストWeb
  • 更新日:2019/05/26
No image

齊藤未月がメキシコ戦に向けて意気込みを語った。(C)SOCCER DIGEST

5月26日、U-20ワールドカップで日本がメキシコと対戦する。勝てばグループステージ突破の可能性が高まる重要な一戦だ。

日本はメキシコのどこを狙えばいいのか。そのモデルとなるのが、初戦でメキシコと対戦したイタリアが奪った先制ゴールだろう。

3分、右サイド後方からFWスカマッカに縦パスが入り、ダイレクトの落としにフラテッシが反応。そのまま左足を振り抜き、強烈なミドルシュートを突き刺した得点だ。

このゴールのポイントは縦パス。ボランチの齊藤未月は「僕たちから良いパスを出すのもそうですし、後ろから斜めの良いボールを通すのもそうですし、今までやってきたことをやれれば良い攻撃ができるんじゃないかと思います」とイタリアが見せたような攻略イメージを膨らませている。
メキシコの中盤は緩く、その後もイタリアに何本かミドルシュートを許した。急所を突くならやはりバイタルエリアで、攻略には最前線での起点作りが求められる。

実際、エクアドル戦の後半に良くなったのも、ハーフタイムに交代した宮代大聖が上手くバイタルエリアを利用したからだった。

「前半、ベンチから見ていて、バイタルのスペースというのは少し空いているなと感じていた。そこは前半見ている中で、そういう部分がわかっていた。うまく形で入れたのかなと思う」

日本としては最前線の宮代を起点に、ボランチの齊藤らが絡んで、バイタルエリアで勝負したい。そこから、イタリアと同じように先制パンチを食らわせられれば、理想的だ。ゲームのポイントのひとつとして、注目したい。

取材・文●志水麗鑑(サッカーダイジェスト編集部)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

サッカー日本代表カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「久保建英よりも、小野伸二」。中田浩二が「奇跡的」と語る黄金世代
チリ戦4失点の冨安と植田の思い。「少しの差が、ここまで開くのか」
「評価する材料もない」 A代表デビューの中山雄太、チリとの差に感じた自身の現在地
カズエール「いつものメンバーでも勝つのは大変」
決定機を何度も外した上田綺世が意外な反応、「やりやすい相手だった」

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加