53歳パルメイロ氏 メジャーへの現役復帰に本気「まだできると信じている」

53歳パルメイロ氏 メジャーへの現役復帰に本気「まだできると信じている」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/12/07

メジャー20年間で通算3020安打をマークしたラファエル・パルメイロ氏(53)が現役復帰を本気で考えているという。ESPNなど米国の各メディアが6日に伝えた。

No image

現役時代のラファエル・パルメイロ氏 (AP)

パルメイロ氏は1986年にカブスでメジャーデビュー。その後はレンジャーズ、オリオールズでプレーし、2005年限りで現役を引退した。史上5人しかいない通算での500本塁打と3000安打の偉業を達成も、キャリア終盤における禁止薬物使用の疑いが影響し、今日に至るまで米国野球殿堂入りを果たせずにいる。

すでに現役を退いてから12年が経過。2015年に息子のパトリックが所属する独立リーグのチームと契約を交わしたが、本人の希望はメジャーでの現役復帰だという。メディアの取材に対してパルメイロ氏は「まだできると信じている。何年もトレーニングを継続していて、メジャーでプレーしていた頃よりも調子がいい」とコメント。「この年齢で復帰できれば、禁止薬物使用の疑いを晴らせるかもしれない」とも話しているそうだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

MLBカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
強打者ケンプ、1対4のトレードで古巣ドジャースへ復帰
ヤンキースがサバシア残留を発表 今季14勝、在籍10シーズン目へ
【MLB】米国で仰天のニュース!? 現役メジャーリーガーが約11億円大豪邸を寄付
【MLB】早期決着も...平野に「複数チームが契約打診」、牧田は「面白い存在」
【MLB】ドジャースとブレーブスが大型トレード敢行、両軍の“不良債権”を円満処理
  • このエントリーをはてなブックマークに追加