失恋は辛い...できるだけ早く立ち直るために知っておきたい4つのこと

失恋は辛い...できるだけ早く立ち直るために知っておきたい4つのこと

  • モデルプレス
  • 更新日:2018/07/09

【恋愛コラム/モデルプレス】告白をして振られた、付き合っている恋人に振られた…。失恋って誰にとっても辛いものですよね。失恋直後に混乱から取り乱してしまい、落ち着いた行動を取れないなんてこともあるものです。今回は、振られてしまったあと、できるだけ早く前に進むために思い出したいこと4選をご紹介していきます。

No image

(写真 : フラれちゃったよー!できるだけ早く前に進むために必要なこととは?(Photo by konstandinos/Fotolia) )

【他の記事を見る】「もっといい男いるよ~」は聞き飽きた!失恋した友達を励ます方法6選

♥その1:恋愛は相思相愛で初めて成り立つ

まず思い出したいのは、恋愛は相思相愛で初めて成り立つということです。あなたがいくら相手のことを好きでも、相手もあなたのことを好きでなければ、あなたが幸せを感じることは難しそうですよね。

相思相愛になれなかった時点で、あなたがもっと幸せになれるような相手は他にいるということです。

振られた直後は、「彼/彼女しか見えない…」なんて思ってしまいがちですが、相手が「相性が合わない」と判断した以上、あなたにとっても相性が悪い相手のはずです。

「恋は盲目」とはよく言いますが、「彼/彼女しか見えない」というのは幻想に近いと思います。そんな思いを抱き続けるのではなく、前に進むためになるべく冷静に考えるようにしましょう。

♥その2:相手の決断を尊重する

自分が交際を断ったり、恋人を振ったりするときって、なんとなく振るというようなことではなく、しっかりよく考えた上で決断するものですよね。そこに後悔があることって、あまり多くはないのではないでしょうか。

それは相手も同じだと思います。

振られてしまう側としては、「悪いところがあれば改善する」「もう一度考え直して欲しい」などと言ってしまうこともあるかと思いますが、「振る」という決断を下している段階では、ある程度確固たる信念を持っている場合が多いです。

あなた自身が幸せになるために、相手が熟慮に熟慮を重ねた決断を、尊重するという考え方が大切です。

そうはいっても、相手の決断を受けいれるのって、なかなか簡単にできることではないですよね。それは誰にとってもそうだと思います。だからこそ、「やっぱり寂しくなったから、撤回!」などと、簡単に「振る」という決断を覆すような相手は、あまり信用できないと言えるでしょう。

♥その3:復縁を申し入れるにしても時間をおく

恋人に振られてしまっても、復縁する可能性は大いにあります。何度も別れと復縁を繰り返して、最終的に結婚!なんてカップルもいますよね。

ただ、失恋直後からしつこく復縁を言い寄るようなことがあると、ますます彼との溝が深まってしまう可能性があります。

別れてしまった直後は、彼がそのとき下した判断をまずは受け入れましょう。

そして、考え込む暇がないくらい自分磨きをするのがオススメです。「恋人中心の生活になってしまっていて、仕事がなおざりなってしまっていた…」「恋人がいる安心感から体型を気にしなくなっていた…」なんて、反省点もあるはずです。反省点が見つかったら、もっといい女になれるということなので、それだけで1つ前進できていると思います。

自分が変われば、理想の相手も変わってくるものです。元恋人にもう一度振り向いてもらうために自分磨きをしていたら、他の素敵な人といい感じの雰囲気になって、元恋人があなたに復縁を求めてくる頃にはあなたの気が変わっている…なんていうのはよくある話です。

♥その4:相手への自分の気持ちを棚卸ししてみる

恋人と付き合っている理由って、実は純粋に「好きだから」だけじゃない場合もありますよね。例えば、「寂しいから」が理由の場合もあります。

誰かに片想いをしている場合も、「片想いの対象がいないよりはいた方がいいから」なんてこともあるものです。

振られてしまうとショックを受けますが、「そもそも本当に好きだったのか」「具体的にどんなところが好きなのか」について、気持ちの棚卸しをしてみると、案外自分の中に深い気持ちがないことが発覚するかもしれません。

♥好きだった気持ちを怒りや憎しみに変えない

好きな人に振られてしまうと、ただ悲しい気持ちになるだけでなく、怒りや憎しみを覚えてしまうことも少なくないですよね。

でも、あなたを振った相手は、あなたを傷つけるために振ったのではありません。ちゃんと考えに考えて、「お互いに幸せになることができない」と判断して、あなたを振っているのです。

あなたが運命の人に出会えるように振ってくれているという言い方もできるので、むしろ感謝をしてもいいくらいでしょう。

振られた直後などは感情的になって取り乱してしまうこともあるので、「電話を掛けまくる」などの普段ならとらないような行動をとってしまうこともあるかもしれませんが、今回の記事のことを思い出して、凛とした姿勢で前に進むようにできるとベストだと思います。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

恋愛カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
突然キスした直後に言ってみたいセリフ9パターン
「そんなこともできないの...?」と彼氏が内心呆れてしまったこと9パターン
10の質問でわかる【エッチ幸福度】身も心もとろけるような幸せ、感じている?
映画で学ぶセフレの掟と破綻の道
セカンドの逆襲:男の30歳は遊びたい盛り。彼氏と思っていた男が本命彼女と絶対に別れない理由
  • このエントリーをはてなブックマークに追加