ヤクルト・ハフ、納得のフリー打撃初登板「低めに投げられた」

ヤクルト・ハフ、納得のフリー打撃初登板「低めに投げられた」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2018/02/15
No image

今キャンプで初めて打撃投手を務めたヤクルトの新外国人・ハフ

「ヤクルト春季キャンプ」(15日、浦添)

新助っ人コンビ、デーブ・ハフ投手とマット・カラシティー投手が、そろってフリー打撃で初めて打撃投手を務めた。

57球を投じたハフは、安打性の当たりは3本。メジャー通算25勝左腕は「よかったと思う。カットボールやチェンジアップ、球種も全部投げたし、低めに投げられた」と納得の表情を浮かべた。

カラシティーは24球で安打性の当たりはゼロ。古賀のバットを折るボールもあった。「すごく感じがよかった。ストライクゾーンに投げられたし、直球を両サイドに投げ分けられた。早い段階で打者の反応が見られたのはいいこと」と笑顔。守護神候補の最速159キロ右腕も、順調な調整ぶりに満足げだった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
青木点火打!山田で同点!バレは連発! 燕再建へヤク者そろい踏み
日本ハムD1・清宮、豪快空振り三振デビュー!「自分のスイングをしたかった」
カーリング女子銅メダル、悔し涙から一夜笑顔戻った
松坂&清宮「球界2大スター」の現在地
阪神・中谷、課題克服直球撃ち!センター危機の中...金本監督「収穫」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加