ランボルギーニ ウルス、レベル2の先進運転支援システム搭載

ランボルギーニ ウルス、レベル2の先進運転支援システム搭載

  • レスポンス
  • 更新日:2017/12/06
No image

ランボルギーニ・ウルス

もっと画像を見る
ランボルギーニは12月4日、新型SUVの『ウルス』に、先進運転支援システム(ADAS)を搭載すると発表した。

ウルスの先進運転支援システムのひとつが、ハイビームアシスタント。これは、ヘッドライトを必要に応じて、ハイビームモードに自動的に切り替えるもの。対向車や先行車のドライバーを眩惑させることなく、夜間走行時の安全性を引き上げる。

フロントとリアには、パーキングセンサーを標準装備。クルーズコントロールも標準。また、衝突を防止すると同時に、衝突の際の衝撃を緩和するシステムも搭載される。

さらに、オプションの先進運転支援システムとして、トラフィックマネジメントシステム、トップビューカメラ、トレーラカップリングモードが用意される。

ランボルギーニによると、ウルスの先進運転支援システムは、SAE(米国の自動車技術者協会)の基準でレベル2に相当するという。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
千円安いしまむらボアコートはユニクロを超えられるか!?
ジリ貧のコンビニ業界が、手遅れになる前に始めた新たなサービス
酒屋配達員が見た! つぶれる飲食店の意外な特徴
正社員と非正規社員、給料逆転の可能性も
【アクアライン20年の足跡】(下)「なんとしても通行料800円継続」森田健作知事が表明
  • このエントリーをはてなブックマークに追加