[福島県]「ウォークビズ」を導入

[福島県]「ウォークビズ」を導入

  • 政治山
  • 更新日:2017/09/16
No image

福島県(195万3700人)は、職員がスニーカーなど歩きやすい靴や服装で勤務する「ウォークビズ」を導入した。

「ウォークビズ」は、ヒールや革靴の代わりにスニーカーを履き、かばんを斜め掛けするなど歩きやすいスタイルで出勤するもの。歩くことで、「カラダの健康」「あたまの健康」「こころの健康」「足の健康」をもたらすのがねらい。

14年度の特定健診でメタボリックシンドロームに該当した県民の割合(メタボ率)が全国ワースト2位であることから、体を動かすことで県民の健康改善につなげようと「チャレンジふくしま県民運動推進協議会」で取り組むことにした。まずは、県庁職員が率先してウォークビズに取り組み、県内企業にも導入を呼びかけることにしている。

(月刊「ガバナンス」2017年8月号・DATA BANK2017)

株式会社ぎょうせいは、1893年(明治26年)の創業以来、当社は各行政分野の専門法規集、都道府県・市区町村例規集など多数の行政・自治分野に関わる書籍を発行してきました。「月刊ガバナンス」は、自治体職員の総合情報誌として2001年(平成13年)に創刊し、自治体職員の皆様をはじめ、議員や地方自治に携わる多くの方々にご愛読いただいています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
福島原発事故、原子炉に届いた冷却水は「ほぼゼロ」だったと判明
駅に無断で「ママげんき?」と人探しの貼り紙 「撤去するのを躊躇した」――東京メトロの対応に称賛の声
むしろマイナスになったか謝罪会見 豊田真由子衆院議員「一般社会はできない人」
数億円詐取か、詐欺グループのリーダー逮捕
硫化水素発生で異臭騒ぎ 近くの住宅から親子の遺体
  • このエントリーをはてなブックマークに追加