最新ランキングをチェックしよう
「カント空港」は反愛国的? ロシアの飛び地、新名称めぐり物議

「カント空港」は反愛国的? ロシアの飛び地、新名称めぐり物議

  • AFPBB News
  • 更新日:2018/12/05

ロシアの飛び地カリーニングラードにあるドイツの哲学者カントの像(撮影日不明)。

【AFP=時事】ポーランドとリトアニアに挟まれたロシアの飛び地カリーニングラードで、空港につける新しい名称をめぐって騒動が巻き起こっている。ケーニヒスベルクと呼ばれた18世紀にこの地で生まれ、生涯のほとんどを過ごしたドイツの哲学者イマヌエル・カントが一時、投票でトップに立つと、ロシア海軍の幹部や地元議員らが猛反発。町

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

国外総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
自殺率が最も高い職業は?
学校の課題がきっかけで家の農場を掘ったら、パイロットの遺体が入ったままの第二次世界大戦の戦闘機を発見
「空からお金が降ってきた」警察が出動する騒ぎに...
仏クリスマス市襲撃、死者5人に 犯人阻止試みたポーランド人
数十年以上も燃え続ける「坑内火災」によって大量の温室効果ガスが排出されている
  • このエントリーをはてなブックマークに追加