ファーウェイ、スパイ容疑でポーランドで逮捕の社員を解雇―中国メディア

ファーウェイ、スパイ容疑でポーランドで逮捕の社員を解雇―中国メディア

  • レコードチャイナ
  • 更新日:2019/01/13
No image

ファーウェイ、スパイ容疑でポーランドで逮捕の社員を解雇―中国メディア

12日、中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)は、スパイ容疑でポーランド当局に逮捕された現地法人の社員、王偉晶氏を解雇すると発表した。資料写真。

2019年1月12日、中国メディアの環球網によると、中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)は12日に出した声明で、スパイ容疑でポーランド当局に逮捕された現地法人の社員、王偉晶氏を解雇すると発表した。

声明では、解雇理由について「個人的な原因により、ポーランドの法律に違反した容疑で逮捕され、ファーウェイの名誉に悪影響を与えた」とし、「直ちに雇用関係を終了した」と説明。また「われわれはどの国でも法律を順守し、従業員にもそれを求めている」とした。

報道によると、ポーランドの国内公安機関(ISA)は8日、王偉晶氏とポーランドの元安全保障当局者の2人をスパイ容疑で逮捕した。

環球網によると、中国外交部は12日、同件についてコメントを発表し、「大いに懸念している」とした上で、ポーランド政府に「この事件を法にのっとり、公正で適切に処理し、当事者の権利の保障と人道的な扱いをするよう求めた」ことを明らかにした。(翻訳・編集/柳川)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

中国・韓国・アジアカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
非を認められない・不安定な「韓国国防省・海外の見識者から哀れみ」火器管制レーダー照射
日本軽視がアダに。韓国が大国から相手にされなくなる危ない未来
日本がまた威嚇飛行?韓国軍「日本の下心を疑わざるを得ない」=韓国ネットも激怒
日本を軽視した国は「大きな代償を払った」、日本軽視は「あまりにも危険」=中国メディア
韓国「また低空威嚇飛行」、防衛駐在官呼び抗議
  • このエントリーをはてなブックマークに追加