沖縄・瀬底島にヒルトンのタイムシェア 2021年開業へ

沖縄・瀬底島にヒルトンのタイムシェア 2021年開業へ

  • Traicy
  • 更新日:2017/11/14
No image

森トラスト、ヒルトン・グランド・バケーションズ、ヒルトンの3社は、沖縄県瀬底島の複合宿泊施設の契約を締結したと発表した。

森トラストが開発を担当し、ヒルトン・グランド・バケーションズが2021年より132室のタイムシェア・リゾートを所有・運営し、ヒルトンは約300室を設けた「ヒルトン沖縄瀬底リゾート(仮称)」を運営する。

タイムシェア・リゾートは地上10階建て全室オーシャンビューで、1ベッドから3ベッドルームとキッチンを設ける。専用バルコニーからは海に沈む夕日を眺めることができる。1週間単位で所有権を販売しており、個人のニーズに応じて様々なプランを選ぶことができる。ヒルトン沖縄瀬底リゾート(仮称)は地上9階建てで2つのレストラン、ラウンジ、バー、チャペル、会議室、屋内・屋外プール、スパ、フィットネス施設、ビーチハウスなどを完備する予定。いずれも着工は2018年を予定している。

瀬底島は沖縄本島西部にある3平方キロメートルの離島。那覇空港から車で約1時間半で、本部町と橋でつながっている。ビーチではシュノーケリングやジェットスキーを楽しむことができる。

詳細はこちら

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
アマゾンの競合商品販売禁止 露骨な自社優先、日本人の国民性と相いれず ネット通販シェア拡大の足かせに
テスラが全電気トレーラー「Semi」を発表、自動運転や強烈な加速力、事故防止機能などを搭載し2019年にも生産開始
全米で「毎日1000台」売れる車、トヨタ・カムリが大変身
「作っても売れない」 悩む中国のEVメーカー
ウォール・ストリート・ジャーナル
日本の宅配業者を救う旧くて新しい宅配ボックス
  • このエントリーをはてなブックマークに追加