ネパールの国民食、ダルバートの正しい食べ方【ネパール】

ネパールの国民食、ダルバートの正しい食べ方【ネパール】

  • エンタメウィーク
  • 更新日:2018/02/14
No image

ネパール料理といえば、ダルバート。

ご飯と豆のスープ、野菜カレー、アチャールと呼ばれる付け合わせがセットになった、ネパール風カレー定食とでもいえば良いでしょうか?

ちょっとしたご馳走の時には、これに肉のカレーがプラスされ、青菜の炒め物や、付け合わせが2〜3種類加わります。

カトマンズなどの都市部では、ピザや、ハンバーガーの進出で、少しずつ食文化も欧米化の影響を受けつつあります。
それでも、基本はダルバートであり、朝と晩、毎日2回食べるというのが、ネパールの食事の基本となっています。

しかし、ダルバートの正しい食べ方というのは、台所の欧米化によって、大きく変化しようとしています。
本来、ネパールでは、ダイニングテーブルやイスというものは使われていませんでした。
昔ながらの正しいダルバートの食べ方は、床に座って(この場合の、座り方はあぐらが正解です)、床に皿を置いて、手を使って食べるというもの。
手を使って食べるのは、手の感触でも食べ物を味わうためと、ご飯とおかずを絶妙な割合で混ぜ合わせるため。
また、お肉は骨つきのまま出てくることが多く、手で食べるのが食べやすいのです。

若い世代や、都会の小洒落たレストランでは、スプーンとフォークでダルバートを食べるようになってきました。
でも、地方のローカルレストランや、トレッキングコースの村々ではまだまだ、ダルバートは手で食べる方が多数派です。
手で食べるダルバートは、スプーンで食べるダルバートと味が違うというネパール人もいます。
地元の人に混じって、手でダルバートを食べてみる体験をしてみるのも面白いかもしれません。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

グルメ総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
辻希美、夫・杉浦太陽の料理姿を公開も「パジャマ姿で揚げ物はありえない」の声
『俺のミルク』が超濃厚! 一度食べたらハマるウマさ
「銀だこ」が大創業祭やるよ~! たこ焼8個が420円
かつや「ふわたまレッドチキンカツ丼」
都心で食べたら量は半分、値段は倍!1回は行っておきたい浅草焼肉の超人気店3選
  • このエントリーをはてなブックマークに追加