最も利用したいと思う宅配便サービスランキング

最も利用したいと思う宅配便サービスランキング

  • @DIME
  • 更新日:2018/01/14

国土交通省が2017年7月に発表した「平成28年度 宅配便等取扱個数の調査及び集計方法」によれば、2016年度の宅配便の荷物総数は前年度比7%増の40億1900万個。業者別ではヤマト運輸が18億6756万3000個でシェア46.9%、佐川急便が12億1821万5000個で30.6%、日本郵便が6億3242万1000個で15.9%となっている。
そんな中、マイボイスコムでは『宅配便サービスのブランドイメージ』に関するインターネット調査を実施。先日、その回答状況を公開した。

No image

まず、宅配便サービスの利用頻度については「月に2~3回」が31.6%、「月に1回」が20.2%。高年代層で頻度が高い傾向にある。直近1年間に利用した宅配便サービスでは、「ヤマト運輸(宅急便など)」(92.1%)が最も多く、「佐川急便(飛脚宅配便など)」「日本郵便(ゆうパックなど)」が各8割弱で上位にランクされている。

信頼性・安心感があると思う宅配便サービスでは、「ヤマト運輸」がトップで70.9%、以下「日本郵便」(48.5%)、「佐川急便」(31.4%)が続く。過去調査と比べて、「佐川急便」が減少傾向を示している。サービスが充実していると思う宅配便サービスは、「ヤマト運輸」(62.9%)がトップ、「日本郵便」「佐川急便」が2~3割で続いた。

革新的・先進的であると思う宅配便サービスは、「ヤマト運輸」が41.5%、「佐川急便」「日本郵便」が各1割。「特にない」が50.3%で、他のイメージに比べて比率が高くなっている。

No image

顧客対応がよいと思う宅配便サービスは、「ヤマト運輸」(59.4%)がトップで、「日本郵便」「佐川急便」が2~3割で続いた。過去調査と比べて、「日本郵便」が増加傾向にあるようだ。
親近感があると思う宅配便サービスは、「ヤマト運輸」(58.7%)がトップで、「日本郵便」が31.7%、「佐川急便」が18.9%です。過去調査と比べて、「ヤマト運輸」「佐川急便」は減少している。

最も利用したい宅配便サービスを聞いたところ、「ヤマト運輸」が51.2%と半数強、「日本郵便」が16.5%、「佐川急便」が4.7%となった。過去調査と比べて、「ヤマト運輸」が減少する結果となった。

No image

■調査概要
調査対象/「MyVoice」のアンケートモニター
調査方法/インターネット調査(ネットリサーチ)
調査時期/2017年11月01日~11月05日
回答者数/1万969名

構成/編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
個人投資家・有限亭玉介:やっぱりこの株が熱い!注目テーマ株などズラリ!【FISCOソーシャルレポーター】
ルスツリゾートへのIR誘致に1500億円超 加森観光と500ドットコム、セコイア・キャピタルら合意
債務残高対GDP、25年後に350%超となる確率は約43%
ラーメンからステーキへ 幸楽苑の「いきなり」業態変更へ各社注目
ベーシックインカムは意欲向上、ストレス軽減に効果的? 実験参加者の声
  • このエントリーをはてなブックマークに追加