『Fate/stay night』初のボードゲーム「Dominate Grail War」先行予約受付中!特典としてオリジナルデザインの専用ポーチを同梱

『Fate/stay night』初のボードゲーム「Dominate Grail War」先行予約受付中!特典としてオリジナルデザインの専用ポーチを同梱

  • インサイド
  • 更新日:2019/05/25
No image

『Fate/stay night』初のボードゲーム「Dominate Grail War」先行予約受付中!特典としてオリジナルデザインの専用ポーチを同梱

もっと画像を見る

No image

ディライトワークスは、8月3日発売予定のボードゲーム『Dominate Grail War -Fate/stay night on Board Game-(ドミネイトグレイルウォー ~フェイト/ステイナイト オン ボードゲーム~)』に関してゲーム内容や先行予約特典などの情報を公開しました。

【以下、リリースより引用】

『Dominate Grail War -Fate/stay night on Board Game-』ディライトワークスとBakaFire Partyが共同制作ゲームの遊び方や発売情報など全貌を解禁本日より先行予約の受付開始■『Dominate Grail War -Fate/stay night on Board Game-』公式サイトhttps://www.delightworks.co.jp/games/boardgame/dominate-grail-war/◆本ボードゲームの遊び方の特徴を公開◆本ボードゲームにおいてプレイヤーは、手にした者の願いを叶えるという「聖杯」を求めて戦う「聖杯戦争」に参加します。プレイヤーは、使い魔であるサーヴァントを使役する魔術師(マスター)として、マスターとサーヴァントのそれぞれが持つ能力を活かして、他のプレイヤーと「戦果」を競い合い、最後の一人となることを目指します。サーヴァントの正体である「真名」を隠匿しながら行動し、状況を見きわめながら、いつ「真名」を明かして勝負を仕掛けるかなど、戦略が重要となる「真名隠匿型バトルロイヤルボードゲーム」です。・特徴1:ランダムで決まるマスターとサーヴァントの組み合わせマスターは、終盤になると圧倒的な魔力を持つ者や、通常より多くの手札を使える者など、それぞれプレイスタイルが異なります。また、サーヴァントは、切り札となる固有の「宝具」など、それぞれの個性に合わせた能力を持っています。ゲームプレイ時にプレイヤーはマスターを選び、さらに自身の使い魔となるサーヴァントのデッキをランダムで受け取ります。プレイするたびに組み合わせが変わり、それによって戦略も変わるため、何度でも新鮮な感覚で遊ぶことができます。・特徴2:多岐にわたる勝利への選択肢本ボードゲームでは、複数のラウンドを繰り返し、最終的に「戦果」というポイントを一番多く得たプレイヤーが勝利者となります。「宝具」の使用に必要な「魔力」を貯め、強力な効果で一気に勝負を仕掛けることや、積極的に他のプレイヤーと戦い「戦果」を得ること、戦わずして少量の「戦果」を得られる「偵察」に出ることなど、勝利への選択肢は多岐にわたります。・特徴3:真名の隠匿サーヴァントの「真名」を明かすことで、強力な効果を持つ「宝具」の使用などの行動を選択することができます。しかし、「真名」を明かすことで他のプレイヤーに自身が持っている能力が知られてしまうため、そのタイミングには入念な戦略が必要です。「真名」を明かして「宝具」を使用するのか、隠し続けて立ち回るのか、すべてはプレイヤーの戦略次第です。◆3騎のサーヴァントのイラストを公開◆本ボードゲームには、9騎のサーヴァントが登場します。そのうちの3騎(画像左から?アーチャー、セイバー、ライダー)のイラストを本日公開いたしました。サーヴァントのイラストは、スマートフォン向けFateRPG『Fate/GrandOrder』でキャラクターデザインなどを手掛けるokojo氏が、本ボードゲームのために新たに描きおろしたものです。残る6騎のサーヴァントは、後日あらためて公開いたします。◆BakaFire Partyと共同制作◆本ボードゲームの制作において、日本を代表するアナログゲーム制作団体「BakaFire Party」の代表であるBakaFire氏がゲームデザインを手掛け、ディライトワークスがコンポーネントやゲーム全体のディレクションとプロデュースを担当しています。ディライトワークスがこれまでに実施してきた様々なボードゲーム関連の取り組みをきっかけに、今回の共同制作が実現いたしました。「BakaFire Party」が制作するゲームは、時間をかけてじっくりと楽しめる高い戦略性が特徴です。代表作の『桜降る代に決闘を』は、独創的で奥深いゲーム性がボードゲームファンから高い支持を集めています。また、『惨劇 RoopeR』が海外では『Tragedy Looper』として発売され、アメリカのアナログゲームの賞「Dice Tower Awards 2014」にて最も革新的なゲームに送られる賞「Most Innovative Game」を受賞するなど、世界で活躍するボードゲーム制作団体です。◆本日2019年5月25日(土)より先行予約の受付を開始◆2019年5月25日(土)10:00から6月17日(月)17:59まで、ディライトワークスの公式オンラインストア「DELiGHTWORKSSTORE」にて、本ボードゲームの先行予約の受付を開始いたします。先行予約の限定特典として、本ボードゲームに登場する7人のマスターのイラストがプリントされた「トークン入れ特製マスターポーチ」をプレゼントいたします。■DELiGHTWORKS STOREhttps://store-delightworks.jp/

No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image

(C)TYPE-MOON (C)DELiGHTWORKS

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

ゲームカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
『ハンドレッドソウル』爽快感と美麗なグラフィックが織りなす次世代スタイリッシュACTの事前登録を開始─英雄や武器にガチャなし!
モンハン風Co-opアクションRPG『Dauntless』基本プレイ無料で正式サービスが開始!
現代戦マルチFPS『Insurgency: Sandstorm』協力してゾンビを迎撃する「Frenzy」含む1.3アップデート―6月20日より週末無料開放
DONTNODの新作ADV『Twin Mirror(ツインミラー)』バンダイナムコが日本語版の発売中止を発表
「ゲームのやりすぎはダメ」は過去の話? eスポーツがもたらす新たな価値

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加