松山が練習試合で2ラン「しっかりと振れました」 CSファイナルSへ順調

松山が練習試合で2ラン「しっかりと振れました」 CSファイナルSへ順調

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/10/11
No image

3回、右越えに2ランを放つ松山(撮影・吉澤敬太)

「練習試合、広島15-2JR西日本」(11日、マツダスタジアム)

広島が5本塁打を含む20安打15得点と快勝した。「4番・左翼」で出場した松山竜平外野手(32)は三回に2ランを放った。

2-1の三回2死一塁。左腕・西川の初球、内角寄りの132キロ直球を完璧に捉えた。打球は高々と舞い上がり右翼席へ着弾。リードを広げる2ランとなった。「外の真っすぐを想定していたら、甘くきたので、しっかりと振れました」と納得の一打。18日からのCSファイナルSに向けて頼もしい姿を見せつけた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
暴走続きの張本勲と関口宏を一喝した金田正一に「よくぞ言った」と称賛の声
松坂世代2人、1軍で輝けなかった選手も...第1次で戦力外となった“元ドラ1”は?
巨人が村田のクビを決断! 今オフのFA選手が「巨人NG」を選択
タイガース、カープ......。そもそもなぜその名前に? 12球団のチーム名の由来は?
ラミレス監督「準備はできている」広島に雪辱へ自信
  • このエントリーをはてなブックマークに追加