重さわずか2.8g!鯖江の職人の手で作られた超軽量眼鏡『ゼログラ』

重さわずか2.8g!鯖江の職人の手で作られた超軽量眼鏡『ゼログラ』

  • @DIME
  • 更新日:2017/08/11

■軽さとフォルムで実現する無重力のかけ心地!

No image

眼鏡市場『ゼログラ ZEG-014 RE』

1万8000円(レンズ付き)

超軽量と超弾性を両立するフレックスβチタンを採用した、2.8gのメタルモデル。蝶番をなくすことで、フレームの軽量化と頭部をソフトに包み込むフォルムを実現。かけているのを忘れてしまうほど快適だ。

◎かけていないかのような無重力感がさらに進化

眼鏡には不可欠だった、フロントとテンプルをつなぐ蝶番をなくしたフレーム構造により、重さ2.8gという超軽量を実現したのが、2011年に発売されて大ヒットとなっている眼鏡市場の『ゼログラ』だ。

「当初は軽さとかけ心地を追求した機能性がメインでしたが、続いて、素材に高機能樹脂を採用するモデルを開発し、よりメガネの強度を高めました。さらにデザイン集団『nendo』とのコラボレーションによって、軽さ+強度にデザイン性を加味したモデルへと進化を遂げています」(メガネトップ 営業企画部・藤田幸夫さん)

それが、ネジを使わずコンパクトに折りたためる「タタメルタイプ」や、同一のチタンパーツで、フロントとテンプルに異なる色を配した「カシメルタイプ」といった、スタイリッシュなモデルである。

軽さ、強さ、デザインの3軸一体化により、『ゼログラ』はハイクオリティーな国産ウルトラライトライトな逸品として、絶大な人気を保っているのだ。

●計100人の職人が『セログラ』を手がけています

No image

超軽量ながら柔軟性と耐久性に優れたβチタンを使うため、デザインの自由度も高い。

No image

《工程のほぼ100%が手作業です》

『ゼログラ』はすべて眼鏡の聖地・福井県鯖江市で生産されている。職人が手作りすることにより、伝統的なジャパンクオリティーを守り続けているのだ。

No image

デザインデータをもとに金型を作り、使用する部品をプレスしていく。続いて、ロー材を溶かしてパーツを溶着していく。

No image
No image

ロー付けが終わったら、メッキ加工後組み立て工程を経て、商品に仕上げていく。

No image

完成した製品は歪みを確認する「調子とり」など、1本ずつ品質の検査が行なわれる。

【海外ブランドのウルトラライトな眼鏡フレーム】

■NASAの宇宙飛行士も納得の究極のかけ心地!

シルエット『TMA Must 7610 6051』
4万6000円(フレームのみ)

創業53年、オーストリア「シルエット」の『チタンミニマルアート マスト』はわずか1.8g。35回にわたるNASAの宇宙ミッションに使用された。

No image

〝天使の羽根〟のような軽さと、デザインのよさが魅力。

■デザイナーのスタファン・プロイツの傑作!

スタファン・プロイツ・デザイン『800CM-61/142』
3万8000円(フレームのみ)

ミニマルなフォルムが世界で賞賛されるスウェーデンブランド。NXTレンズとβチタンテンプルで、高強度を保ちながら1gの軽さを実現した。

No image

フロントはすりガラスのような質感。細身のテンプルとの組み合わせも秀逸。

文/編集部

※記事内のデータ等については取材時のものです。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
新しいコンビニの形? 米アマゾン、注文して2分以内に受け取り可能な「Instant Pickup」を開始
トヨタはここまでやる 「働き方改革」で加速
マツダ、ガソリンの圧縮着火を世界で初めて実用化した次世代エンジン「SKYACTIV-X」を発表!
【爆速】最高時速350km超の電動モンスターバイク「LS−218」がこちらです
中日新聞社説「一日も速く時給1000円に到達すべき」 自社のアルバイトは910円で募集だと話題に
  • このエントリーをはてなブックマークに追加