ヒステリックパニック、配信シングル「Shut up」MV&ジャケット写真を公開

ヒステリックパニック、配信シングル「Shut up」MV&ジャケット写真を公開

  • OKMusic
  • 更新日:2017/11/24

ヒステリックパニックが12月6日(水)に発表する、配信限定シングル「Shut up」のMV(Short Ver.)とジャケット写真を公開した。

No image

「Shut up」MV (okmusic)

ヒステリックパニックが12月6日(水)に発表する、配信限定シングル「Shut up」のMV(Short Ver.)とジャケット写真を公開した。

11月5日に行われたヒスパニ初のTSUTAYA O-East公演にて、配信限定でリリースすることを発表したこの新曲は、ライブで演奏したときのパンチとブチあがりをイメージして作られたヒスパニならではの1曲。ヒスパニ流デスコアmeetsスカとでも言うべくまさにエクストリームなトラックは、『LIVE A LIVE』のシークレット・トラックと言ってもおかしくないほどの仕上がりで、iTunes Store、レコチョク等主要配信ストア及び、Apple Music、LINE MUSIC、AWA等の主要定額制音楽ストリーミングサービスにて配信スタートされる。

10月27日の札幌よりスタートしたワンマン・シリーズのセットリストに組み込まれた「Shut up」は、初披露にもかかわらず、オーディエンスを興奮のるつぼに叩き込み、踊って暴れられる楽曲として話題になっていた。ヒスパニとしては珍しく、ともの凶悪スクリームからスタートし、Tack朗、$EIGOのデスコア風なツイン・リードのテーマからいきなり$EIGOの小気味よいギターのカッティングに、ともの高速ラップ、さらにサビでのTack朗の超ハイトーンと、息つく暇なく怒涛のごとく押し寄せる音の嵐。まさにヒスパニらしさがぎゅっと詰まったスカ・チューンである。

公開されたMVは、11月5日のTSUTAYA O-EASTワンマン公演時にライブ・シューティングされた。当日の現場の雰囲気を余すところなく伝える生々しいMVに仕上がっている。

またジャケット・デザインは、ヒステリックパニックのシングル作品のアートワークほぼ全部を手掛け、グッズのデザインも手掛けているKISS OF DEATHのYUTTY描き下ろしのイラストを使用し、シンプルだが毒のあるヒスパニらしさ全開のジャケットになっている。

「Shut up 」MV(Short Ver.)

配信シングル「Shut up」

2017年12月6日(水)より配信

iTunes Store、レコチョク等主要配信ストア及びApple Music、LINE MUSIC、AWAなど主要定額制音楽ストリーミングサービスにて配信スタート。

No image

「Shut up」MV (okmusic)

No image

配信シングル「Shut up」 (okmusic)

No image

ヒステリックパニック (okmusic)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

音楽カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ももクロ、新曲「天国の名前」は阿久悠作詞&「ももいろ歌合戦」に氣志團、加山雄三ら出演
中島美嘉×HYDE 13年ぶりにタッグを組んだ新曲完成
【ライブレポート】MUCC、対バンツアー<えん7>東京公演「今日はパーティーだから」
“魔法使い”Nissy(西島隆弘)から一足早いクリスマスプレゼント
2017年ミスセブンティーン・宮野陽名、橋本裕太の新曲MVでかわいすぎる“パン屋女子”を好演
  • このエントリーをはてなブックマークに追加