「陸王」が中小企業庁とコラボ、「こはぜ屋」の挑戦する姿が取り組みと一致

「陸王」が中小企業庁とコラボ、「こはぜ屋」の挑戦する姿が取り組みと一致

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/10/13

15日スタートのTBS日曜劇場「陸王」(日曜後9・00)と経済産業省の「中小企業庁」とのコラボレーションが決定した。

No image

全国の商工会議所などに掲出される中小企業庁と「陸王」のコラボポスター(C)TBS

「陸王」は、埼玉県行田市にある老舗足袋業者「こはぜ屋」が、年々先細る業績から脱するため、“裸足感覚”のランニングシューズの開発に挑戦する物語で、これまで半沢直樹シリーズや「下町ロケット」など数々のヒット作品を生み出している池井戸潤氏の同名小説が原作。

劇中で険しい道を走り続ける老舗業者とその仲間たちの姿が、中小企業庁の取り組みに符合すると判断され、コラボレーションが実現した。

主人公で創業100年以上続く老舗足袋業者「こはぜ屋」四代目社長・宮沢紘一役は俳優の役所広司(61)。その息子・大地を山崎賢人(23)が、実業団「ダイワ食品」陸上競技部の部員・茂木裕人を竹内涼真(24)が演じる。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

テレビカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
リアルさ欠如に酷評相次ぐ「先に生まれただけの僕」
QJで「水ダウ」50ページ特集!芸人やスタッフ大集結、クロちゃんも目隠しで登場
浅利陽介「コード・ブルー」共演者との舞台裏秘話が感涙ものだった!
いじめと批判も「バカ殿様」特番に賛否両論
『ドクターX』新キャスト・野村周平が不評! 画面に映っただけでブーイングの異常事態
  • このエントリーをはてなブックマークに追加