最新ランキングをチェックしよう
83歳筆者の〈極私的鑑賞ノート〉(3)...私のNo.1映画は「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ」

83歳筆者の〈極私的鑑賞ノート〉(3)...私のNo.1映画は「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ」

  • Jタウンネット
  • 更新日:2016/10/19

セルジオ・レオーネ監督(obbinoさん投稿、Flickrより)不定期にお届けしている、ぶらいおんさんの「極私的鑑賞ノート」シリーズ。前回は昭和20年代後半の作品群が中心だったが、今回はぐっと時代がくだり、壮年時代に観た、自分にとっての「No.1」映画について語ってもらう。セルジオ・レオーネ最後の傑作今回は筆者が、これまで観た映画の中でNo.1と評価して来た作品について、書いてみたい。もしかすると

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
9月25日の注目映画第1位は『ナミヤ雑貨店の奇蹟』
二宮 映画界初の“三つ星”熱望 「アカデミー賞よりミシュラン」
『アンフェア the movie』の斉木と後藤について完全ネタバレで立場を整理してみる
北野武「日本の役者オールスターズ」で映画制作宣言  大森南朋はシリーズ愛と恨み吐露
“ゴジラ”を描き続けた3人の作家による原画展「GODZILLA GENERATION」10・27より開催決定
  • このエントリーをはてなブックマークに追加