最新ランキングをチェックしよう
83歳筆者の〈極私的鑑賞ノート〉(3)...私のNo.1映画は「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ」

83歳筆者の〈極私的鑑賞ノート〉(3)...私のNo.1映画は「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ」

  • Jタウンネット
  • 更新日:2016/10/19

セルジオ・レオーネ監督(obbinoさん投稿、Flickrより)不定期にお届けしている、ぶらいおんさんの「極私的鑑賞ノート」シリーズ。前回は昭和20年代後半の作品群が中心だったが、今回はぐっと時代がくだり、壮年時代に観た、自分にとっての「No.1」映画について語ってもらう。セルジオ・レオーネ最後の傑作今回は筆者が、これまで観た映画の中でNo.1と評価して来た作品について、書いてみたい。もしかすると

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
劇場版「はいからさんが通る」の青江・鬼島・蘭丸・環らの追加キャスト&キャラクター設定発表
「バトルシップ」放送中止でツイッターに「奇祭」 浅野忠信も「参戦」で大盛り上がり
貫地谷しほり、ディーン・フジオカとのキスシーンは「溺れそうでした」
テレ朝、7月に新海誠特集第2弾 『言の葉の庭』『雲のむこう、約束の場所』放送
なぜ日本では谷口ジローの才能が評価されないのか
  • このエントリーをはてなブックマークに追加