元大関の照ノ富士、千代丸に力負け 四つで寄り切られ渋い表情

元大関の照ノ富士、千代丸に力負け 四つで寄り切られ渋い表情

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2018/01/17
No image

千代丸に寄り切りで敗れる照ノ富士(左)=両国国技館(撮影・西岡正)

「大相撲初場所・初日」(14日、両国国技館)

元大関の照ノ富士(伊勢ケ浜)が千代丸(九重)に寄り切られ、初日黒星を喫した。

昨年秋場所で大関陥落。10勝を挙げれば特例で大関に復帰できる九州場所でも途中休場となり今場所は東前頭10枚目まで番付を落とした。

立ち合い、正面から四つに組まれ、下手を切られて防戦に。そのまま土俵を割る力負けだった。状態が心配される内容とあって、渋い表情で花道を引き揚げた。

2日目は照ノ富士が琴勇輝と、千代丸は安美錦と対戦する。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

大相撲カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
貴親方、一門会で理事選の出馬明言せず
稀勢の里が休場届 左大胸筋損傷疑いで3週間の安静
稀勢の里ついに休場!引退の危機・・・一瞬静まり返ったきのうの国技館
相撲協会「金星配給もうやめて」!?相次ぐ横綱休場のソロバン事情
稀勢の里休場 左大胸筋損傷疑い 深夜に無念の連絡
  • このエントリーをはてなブックマークに追加