【阪神新馬戦】ハゼル 押し切りV!鈴木孝師「伸びしろある」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/09/17

阪神5R新馬戦(芝1400メートル)は好スタートから先行した3番人気ハゼル(牡=鈴木孝、父ダイワメジャー)が、しぶとく粘って押し切った。和田は「ソフトな馬場も合っていたし、返し馬の感じから小脚の使えそうな走りだった。上(のクラス)でもやれるレベル」と乗り味を絶賛。鈴木孝師は「乗り込んできたけど、まだ緩さがあった。伸びしろはある」と期待を寄せる。今後は未定。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
本命は?セ・パ12球団ドラフト1位候補
中日ひと筋21年の森野が引退...落合監督時代の黄金期支えた主砲
清宮プロ志望表明へ、ドラフト最多野茂8球団以上か
早実・清宮、22日プロ表明!最大9球団ドラフト史上最多争奪戦か
広島・緒方監督、大瀬良に奮起求める「悔しかったら結果を出せ」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加